ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立製作所 研究開発グループは、以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2017年2月15日

タイトル

半導体向けの3Dプリント技術を開発しMEMSセンサーの製造期間を短縮

リリース文抜粋

本技術を用いたMEMSセンサー設計・製造の流れ

株式会社日立製作所は、半導体向けの3Dプリント技術を開発し、振動や加速度などの計測に使われる微細なセンサー(MEMSセンサー)の製造期間を短縮しました。従来MEMSセンサーは工場で大量生産されており、設計・製造に3カ月から1年程度を要していました。今回、3Dプリント技術に加え、センサーの形状や寸法をAI(人工知能)で自動設計する技術も用いることで、振動MEMSセンサー100個を1カ月で設計・製造できることを確認しました。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年2月15日
2017年2月16日
2017年2月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新のニュースリリース

日立の研究開発の最新のニュースリリースはこちらから

日立ブランドチャンネル