ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、北海道大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2016年6月16日 国立大学法人北海道大学、株式会社日立製作所

タイトル

「日立北大ラボ」を開設し、北海道が直面する社会課題解決に向け協創

リリース文抜粋

国立大学法人北海道大学と株式会社日立製作所は、「日立北大ラボ」を、北海道大学内に6月1日に開設しました。「日立北大ラボ」では、北海道が直面している少子高齢化や人口減少、地域経済の低迷、地球温暖化などの社会課題解決に向けた共同研究を推進します。日本の他地域に先駆けて、こうした社会課題の解決に挑戦していくことで、日本政府が提唱する「超スマート社会*1」の実現策(Society 5.0*2)を、北海道から発信していきます。

北海道大学と日立では、これまでも、独自の先端技術を融合させた陽子線がん治療システムの共同開発や、北海道大学が推進する北大COI*3(食と健康の達人拠点)事業を通じ、セルフヘルスケアプラットフォーム*4実現に向けたアプリケーションの開発などに取り組んできた実績があります。このたび北海道大学内に開設した「日立北大ラボ」では新たに、北海道大学 電子科学研究所との連携により、社会課題を数学モデルに置き換えて最適解を導出することのできる新概念コンピューティング技術の開発を推進していきます。また、温暖化によって変動する環境が北海道経済に及ぼす影響を多角的に分析することにより、地域の経済発展を実現する方策を共同で研究していきます。これらの研究テーマを通じ、北海道地域を巻き込みながら、北海道の社会課題に対し、絶え間なくイノベーションを創出するエコシステムの構築をめざしています。北海道という実社会での実証実験を通じ、日本の他地域でも活用、展開可能なエコシステムを開発します。

*1
超スマート社会: 必要なモノ・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細やかに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会。
*2
Society 5.0: サイバー空間とフィジカル空間(現実社会)が高度に融合した「超スマート社会」を未来の姿として共有し、その実現に向けた一連の取り組みのこと。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続くような新しい社会を生み出す変革を科学技術イノベーションが先導していくという意味を持つ。
*3
COI(Center of Innovation): 文部科学省・科学技術振興機構が実施しているプログラムで、COIでは10年後、どのように社会が変わるべきか、人が変わるべきか、そのめざすべき社会像を見据えたビジョン主導型のチャレンジング・ハイリスクな研究開発を行っている。日立は、北海道大学、30を超える企業・機関とともに、食医融合をめざしたヘルスケアの取り組みとして「食と健康の達人」拠点に参画している。
*4
セルフヘルスケアプラットフォーム: 自分の健康状態を把握し、セルフケアに必要な知識を得て、自分自身で行動を改善していくことを促す仕組み。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2016年6月16日
2016年6月17日
2016年6月21日
  • ページの先頭へ