ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

eDrawings Professional

図:SOLIDWORKS eDrawings Professional

図面とモデルの融合型ビューワ

SOLIDWORKSのライセンスがなくても製品開発に携わる方々(社内関連部署、取引会社、サプライヤーなど)と効率的なデザインレビューができる3次元ビューワ(図面とモデルの融合型ビューワ)です。自己解凍実行形式で保存することもできるため、SOLIDWORKSがない部署でも3次元CADデータとアニメーションリンクによる2D−3D連携ビューを参照することができます。

FeatureWorks

図:FeatureWorks

自動フィーチャー認識

自動フィーチャー認識ツールです。他の3次元CADで作成されたデータを取り込み、変換した後、立体(ソリッド)を認識・分割化できます。また、押し出し、回転体、面取り、穴、リブ、勾配などの平面加工用フィーチャを認識可能です。

SOLIDWORKS Toolbox

図:SOLIDWORKS Toolbox

標準機械部品ライブラリ

3次元標準部品ライブラリです。ウィザードにより標準機械部品ライブラリの挿入や、頻繁に参照する部品などのライブラリのカスタマイズができます。スマートファスナー機能を搭載したスマート合致を使用すれば、ネジ類の自動配置による設計作業時間の効率化を図れます。また、軸受け寿命計算、梁の強度計算、形銅、カムの作成、溝作成などができます。

PhotoView 360

図:PhotoView360

高精度のレンダリングを初心者でも簡単に作成

複雑で難しい設定や知識を必要とせず、簡単にレンダリングイメージが作成できるレンダリングツールです。レンダリングのエキスパートでなくても、PhotoView 360を使用することで簡単にレンダリングイメージを作成することができます。

SOLIDWORKS Design Checker

図:SOLIDWORKS Design Checker

モデル/図面チェックツール

社内の設計基準に基づいたモデル/図面チェックツールです。設定された社内規格に沿って簡単に設計内容をチェックできるため、時間のかかる検図作業やモデルの評価を効率的に行う事ができます。フォント、寸法スタイル、レイヤー、材料、ユーザー定義プロパティなどに関する社内規格に適合しているかチェックができます。チェック結果のHTMLファイル保存などができます。

SOLIDWORKS Utilities

図:SOLIDWORKS Utilities

変更箇所をさまざまな単位で認識

モデル変更認識、及びソリッドフィーチャー変更比較及び一括編集ツールです。変更前と変更後の部品を比較して、微小エッジや裂片面などを検出できます。また、種類やパラメータを指定し、フィーチャの検索、変更、制御状態の変更および分析結果をHTMLファイルに出力可能です。

SOLIDWORKS Task Scheduler

図:SOLIDWORKS Task Scheduler

各種処理の自動化

各種バッチ処理ツールです。印刷、インポート、エクスポートやeDrawingsファイルの作成など、作業効率を図るため各種処理をスケジューリングしてバッチ処理として実行することができます。

SOLIDWORKS Workgroup PDM

図:SOLIDWORKS Workgroup PDM

SOLIDWORKSデータ管理ツール

チーム(ワークグループ)でのデータ共有ツールです。ワークグループ規模での利用を対象にした設計データ管理が行えます。履歴管理、排他制御はもちろん、プロジェクト関連資料やさまざまな属性の一括管理が行え、効果的なデータ管理を実現します。

ScanTo3D

図:ScanTo3D

3Dスキャンデータインポートモジュール

スキャンデータの取り込みやサーフェス/ソリッドへの変換支援ツールです。SOLIDWORKSに既存の製品&コンセプトを取り込むことができるほか、実在の形状をスキャナーで取り込みサーフェス/ソリッドへの変換作業をウィザード形式で実行できます。一般的なスキャンデータフォーマットである XYZ、TXT、ASC、STL、IGES、VDA等のデータをサポートしています。

SOLIDWORKS Routing

図:SOLIDWORKS Routing

自動配管・ハーネス・チューブ設計

配管、チューブ、電気配線といった様々なタイプのルート形状モデルの設計をスマートに実現させるツールです。長さの自動調節機能により複雑なルート形状モデルもストレスなく作成可能です。

CircuitWorks

図:CircuitWorks

電気系CAD連携ツール

電気系CADシステムから基盤データを読み込み、SOLIDWORKSアセンブリを自動作成できるアドイン製品です。電気系CADシステムで出力されるIDFやPADS ASCIIファイルフォーマットをサポートしているため、電気系エンジニアと機械系エンジニアが、SOLIDWORKSアセンブリに組み込まれるプリント基板を協調して設計可能です。

TolAnalyst

図:TolAnalyst

3次元公差解析統合環境

部品やアセンブリに対する寸法と公差の影響を解析する累積公差の解析ツールです。アセンブリ内の部品や構成部品に寸法と公差を適用してから、アセンブリに対するワーストケースの累積公差を解析できます。これによって、設計不良のおそれがある公差を検出したり、公差に優先順位を付けて製造コストを削減したりできます。

SOLIDWORKS Sustainability

図:Solidworks Sustainability

環境に与える影響の評価

材料や製造、組み立て、輸送が及ぼす影響といった、製品のライフサイクル全体に渡る個々の環境評価を測定し、実用的な結果を提供します。環境影響評価を実施することで、材料およびエネルギーの使用に関連する製造コストが低減されます。

SOLIDWORKS Motion

図:SOLIDWORKS Motion

機構解析ツール

設計者が手軽に利用できる、SOLIDWORKSに完全統合された機構解析ツールです。動作時の各コンポーネントの変位、速度・加速度、反力の確認を行うことができます。カムプロファイルの設計や、シミュレーション結果の反力、慣性力などを構造解析の境界条件として自動転送(機構-構造連成解析)が可能です。

SOLIDWORKS Simulation

図:SOLIDWORKS Simulation

設計検証ツール

設計者が手軽に利用できる、SOLIDWORKSに完全統合された構造解析ツールです。自動メッシュ生成やアダプティブ法を採用した解析ツールで、アセンブリやマルチボディを含むモデルの解析や、アセンブリにおける部品間の接触荷重、応力、摩擦検討ができます。

  • * 解析ツールの上位パッケージであるSOLIDWORKS Simulation Professional、または最上位パッケージであるSOLIDWORKS Simulation Premiumを追加されますと、線形静解析、機構解析だけではなく様々な解析タイプをご利用いただけます。

SOLIDWORKS Simulation Standard

図:SOLIDWORKS Simulation Standard

SOLIDWORKS Premiumに含まれる設計検証ツールに、疲労解析を検証する機能が利用できます。

SOLIDWORKS Simulation Professional

図:SOLIDWORKS Simulation Professional

SOLIDWORKS Premiumに含まれる解析機能に加えて、さらに熱、振動、座屈、最適化、落下、疲労、圧力容器問題を検証する機能がご利用可能です。

SOLIDWORKS Simulation Premium

図:SOLIDWORKS Simulation Premiuim

SOLIDWORKSの解析ツールの最上位パッケージであるSOLIDWORKS Simulation Premiumを追加されますと、非線形解析と動解析に対応することができます。

SOLIDWORKS PDM Standard

図:SOLIDWORKS PDM Standard

設計データ管理ツール

データベースサーバ(SQL Express)を利用したPDMシステムで 設計データの整理、共有、バージョン管理などが行えます。

SOLIDWORKS Costing

図:SOLIDWORKS Costing

コスト検証ツール

組み立て費用や材料費、購入部品など、アセンブリでの 合計金額を集計することができます。 また、板金加工や機械加工費などを算出することができます。

関連リンク