ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

画像:日立ブース


「消費者は満足をしているか?」

小売店が、ネットや店舗、その他の販売チャネルを用意することにより、消費者は各チャネルを移動して、比較したり、情報を集めたりして購買をするようになりました。
また、小売店からのクーポンや販促施策で自社のチャネルに誘導することにより、一定の囲い込みの成果を得ることができました。

しかし、消費者は画一的なクーポンでは満足できず、自らが意識してネットやリアルを行き来し、努力をすることにより、
ようやく満足がいく消費ができているのです。

人が、商品を買うには理由があります。
安いから、高いからだけではなく、おいしいもの、健康にいいもの。

「もっとスムーズに、もっとシームレスに」

ネットやリアルでの購買情報から、何故その商品を購入したのかを考え、統合的に分析を行い、
法則性を発見することにより、もっと消費者に寄り添えるのではないか?

消費者がチャネルを移動するのはもちろんのこと、消費者'個人'のコンシェルジュ。
あなたのハッピーな生活を押し付けではなく、真にサポートする。
こんな世界の実現を考えています。

そのためのヒントが日立グループブースにあります。
ぜひ会場にお越しください。