ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

データの収益化

ビッグデータでビジネスを成功に導くには:

企業が日々の業務の中で収集するデータの種類と量が増加する中、そのデータが持つ第三者に対する潜在的価値も上がっていることから、ビッグデータは、既存のコアビジネスとは別の新しい戦略的収益源を創出する可能性も秘めています。

Pentahoの強力なデータ処理および組み込み可能な分析機能を活用すると、ビッグデータの多様性やボリュームをいかすことができます。データセットに簡単にアクセスし、データを充実化させるだけでなく一般化することができるため、新しいデータサービスとしてパッケージ化し、顧客に提供できるようになります。

概要

2016年までに30%の企業がデータを収益化

Pentahoの組み込み可能なビッグデータ統合・分析基盤と共に、データ処理基盤としてHadoopを使用することで、リアルタイムデータサービスを企業の新たな収益源として成長させることができます。

多様かつ大量のデータを活用して新たな収益源の創出を実現

  • コーディングを必要としないデータ統合環境により、ビッグデータの収集、処理、および変換を簡単に実現
  • あらゆるオンラインアプリケーションに組み込み可能、かつ高性能な多次元分析を提供
  • 柔軟なプラットフォームにより、顧客固有の環境やマルチテナント対応のセキュリティをサポート

導入事例

ITビジネス環境での導入例:

  • Pentahoのデータ統合機能(PDI)を使用して、匿名化された請求データ、顧客データ、ネットワーク情報、および位置情報をHadoopに収集
  • データを処理した上で分析データベースへ送ることで、クエリを高速化
  • エンドユーザーがPentahoのビジネスアナリティクス機能を活用し、すばやい可視化、ダッシュボード作成、そしてアドホック分析を実現

導入効果:

  • 生データ、Hadoop、および分析データベース間のシームレスな統合が可能に
  • 強力な市場分析情報から新たな収益源の創出が可能に
  • 新たなデータサービスの提供により、既存事業の多角化が可能に