ページの本文へ

Hitachi

プラント用機器

セブコンは、当社の遠心薄膜蒸発器の中で、唯一回転翼が蒸発面に接触する構造(非接触のものは「コントロ」)のもので、この掻き取り力によってスラリー液から粉体までの処理が行えます。特にスラリーが無機物や針状結晶体のようなものは、比較的容易に粉体化することができます。

(当社比)

セブコンとは

写真:セブコン

一般的に遠心薄膜蒸発器は、次の特長があります。

  1. 蒸発能力が大きい
    回転翼により薄膜が均一に形成されるので伝熱係数が大きく取れます。
  2. 滞留時間が短い
    処理液は上部から下部へ移動する間に蒸発・濃縮されます。
  3. 真空蒸発に最適
    円筒内の容量が小さいため、真空蒸発が行いやすい構造です。
  4. スケールがつかず連続運転が可能
    処理液は回転翼により撹拌されるので、蒸発面が常に更新されるのでスケールがつきません。特に、セブコンはスラリー液の処理に適しています。

(当社比)

納入範囲

エンジニアリング、納入・据付、試運転、メンテナンスまでお客さまをトータルサポート

セブコンの選定には、コントロと同様に処理液中の溶媒・留分の性状(物性・熱安定性・粘度・形状など)と、入口・出口の処理量・濃縮率などが複雑に関ってきます。当社ではお客さまからの処理液データをもとに適切な仕様を選定します。
また、セブコンの据付・試運転・メンテナンスはもちろん、当社のEPCソリューションの一環としてセブコン周りの架構・配管・電気・制御設計、調達および施工も実施します。

適用分野

全般

  • 化学工業
  • 薬品工業
  • 合成繊維工業
  • 金属工業
  • 他一般工業

製品別

<化学>

  • ヒドラジンの濃縮
  • グリセリンの精製
  • アミン類の回収

<合成繊維>

  • ポリエステルの廃液処理
  • DMTの精製

<金属工業>

  • 四塩化チタンの精製
  • メッキ廃水の処理
  • シラン類の回収

<薬品>

  • 農薬の脱臭、精製、抽出

<医薬品>

  • 医薬品

<環境対応>

  • 廃液処理

技術

特長

  • セブコンでは回転翼が可動する摺動翼のため、原料中の固形分量が極めて微量で、ほとんどの揮発分を蒸発させるような高濃縮も可能です。
  • 処理液中の固体が無機物のようなサラサラしたものであれば、粉体化も可能です。

(当社比)