Hitachi

天気予報のしくみ|天気のひみつ

もどる

どうして天気が予測(よそく)できるの?

朝、学校に行く前に空を見あげたら、いまにも雨が()りそうなあやしい天気。気になって、かさを持って行こうかどうか(まよ)うよね。そんなときテレビの天気予報(てんきよほう)を見て、どうするか決めているんじゃないかな。

こんなふうに天気予報(てんきよほう)ができるようになったのは、気象予報士(きしょうよほうし)最新技術(さいしんぎじゅつ)のおかげ。いろいろな情報(じょうほう)を集めて判断(はんだん)しているらしいよ。

でも気象予報士(きしょうよほうし)は、どうやって天気を予測(よそく)していると思う?

でも気象予報士(きしょうよほうし)は、どうやって天気を予測(よそく)していると思う?

アメダスで気象情報(きしょうじょうほう)を集めて予測(よそく)

アメダスは、気象庁(きしょうちょう)地域気象観測(ちいききしょうかんそく)システムのこと。日本全国(やく)840か所※、降水量(こうすいりょう)だけを観測(かんそく)するものを足すと(やく)1,300か所※に機械(きかい)()かれているんだ。ここから降水量(こうすいりょう)や気温、風向、風速、日照(にっしょう)時間などの観測(かんそく)データが自動的(じどうてき)に送られてくるよ。これらのデータを元にして天気を予測(よそく)し、天気予報(てんきよほう)を発表しているんだ。

このほかにも、気象衛星(きしょうえいせい)の「ひまわり」や最新(さいしん)のスーパーコンピュータを使って、さまざまな気象情報(きしょうじょうほう)分析(ぶんせき)しているよ。

気象庁(きしょうちょう)ホームページより:地域気象観測(ちいききしょうかんそく)システム(アメダス)観測網(かんそくもう)平成(へいせい)27年4月1日現在(げんざい)

気象庁(きしょうちょう)ホームページより:地域気象観測(ちいききしょうかんそく)システム(アメダス)観測網(かんそくもう)平成(へいせい)27年4月1日現在(げんざい)

高気圧(こうきあつ)」「低気圧(ていきあつ)」を知ろう!

天気予報(てんきよほう)で出てくる「高気圧(こうきあつ)」と「低気圧(ていきあつ)」のちがいを知ると、天気予報(てんきよほう)のしくみが分かるようになるよ。

高気圧(こうきあつ)」は、空気がたくさん集まり、(まわ)りに(くら)べて気圧(きあつ)が高いところ。空気が上空から下向きに動いて、地上の近くで外側(そとがわ)に出ていくんだ。だから下降気流(かこうきりゅう)がおきて、雲が消えて晴れることが多いよ。

低気圧(ていきあつ)」は、空気が少ないので、(まわ)りに(くら)べて気圧(きあつ)(ひく)いところ。地上近くに集まった空気が上空に向かうため、上昇気流(じょうしょうきりゅう)がおきて、雲が発生しやすいんだ。さらに、集まった空気がしめっていると、雨を()らせることもあるよ。

これが季節(きせつ)ごとの気圧配置(きあつはいち)だよ!

夏の日本は()(あつ)い日が(つづ)き、晴天の日が多いよ。でも、強い日射(にっしゃ)のために積乱雲(せきらんうん)が発生しやすく、午後雷雨(らいう)になることもあるね。気圧配置(きあつはいち)南高北低型(なんこうほくていがた)だよ。

夏型(なつがた)気圧配置(きあつはいち)南高北低(なんこうほくてい)

春や秋は、低気圧(ていきあつ)高気圧(こうきあつ)交互(こうご)通過(つうか)するよ。このために天気が周期的(しゅうきてき)()わるようになるんだ。寒暖(かんだん)()(かえ)しながら、春から夏に向けて次第に気温が上昇(じょうしょう)し、夏から秋に向けて低下(ていか)するんだね。

春・秋(がた)気圧配置(きあつはいち)南高北低(なんこうほくてい)

冬はロシアのシベリア地方で高気圧(こうきあつ)発達(はったつ)し、日本の東の海上には低気圧(ていきあつ)発達(はったつ)して、西高東低(せいこうとうてい)気圧配置(きあつはいち)になるんだ。このためシベリアから北西の季節風(きせつふう)がふき、これが東北や北海道の日本海(がわ)に大雪を()らせるんだ。

冬型(ふゆがた)気圧配置(きあつはいち)西高東低(せいこうとうてい)

降水確率(こうすいかくりつ)」の決め方!

空がくもっているとき「かさを持っていくか、()いていくか」と(まよ)うことがあるよね。こんなとき参考(さんこう)になるのが降水確率(こうすいかくりつ)なんだ。(たと)えば、降水確率(こうすいかくりつ)50%なら、6時から12時までの6時間に、「1ミリ以上(いじょう)の雨が()る」と100回同じ予報(よほう)が出されたときに50回は()っているという意味なんだ。つまり、降水確率(こうすいかくりつ)の数字は、雨の強さ・()っている時間や範囲(はんい)・雨の(りょう)などとは関係(かんけい)ないんだね。

スーパーコンピュータで長期予報(ちょうきよほう)

1か月、3か月先の天気を予想するためには、コンピュータを使って、未来(みらい)気象状態(きしょうじょうたい)を計算して、予測(よそく)するんだ。大量(たいりょう)のデータが入力されるので、計算には処理(しょり)速度の速いスーパーコンピュータが使われているよ。

SR16000 スーパーテクニカルサーバ

たくさんの気象情報(きしょうじょうほう)を集め、分析(ぶんせき)しているから天気が予測(よそく)できるんだね!

毎日、空や雲のようすを調べたり、それをたくさん集めて分析(ぶんせき)したり、過去(かこ)のデータと比較(ひかく)したり。天気予報(てんきよほう)のしくみを調べるといろいろな発見があったね。気圧(きあつ)などむずかしいお話もあるけど、じっくり取り組めば大丈夫(だいじょうぶ)。ひょっとして、将来(しょうらい)気象予報士(きしょうよほうし)になるのは、きみかもしれないよ。

こちらも見てみよう

もくじへもどる

空の世界トップへ