Hitachi

空のしくみ|天気のひみつ

もどる

空はどうして青いのかな?

雲ひとつない晴れた日に空を見あげると、とてもさわやかな青空が広がっているよね。当たり前のようだけど、どうして空が青いのか、その理由を考えたことはあるかな?

空が青く見えるのは、どうしてだと思う?

0

空が青く見えるのは、どうしてだと思う?

昼間の空が青く見えるのは…

太陽の光は、プリズム※で見るとむらさき色、あい色、青色、緑色、黄色、だいだい色、赤色などさまざまな色の光がまざっているのがわかるよ。それが地球に(とど)くとき、地球をおおう大気(空気)の(そう)を通りぬけるんだ。このとき空気の分子とぶつかり、さまざまな色の光が()びちるよ。とくに青い光はたくさんちらばり、人の目にたくさん(とど)くので空が青く見えるんだ。

※プリズム:光を分散(ぶんさん)したり屈折(くっせつ)したりさせるガラスや水晶(すいしょう)などでできた道具。

夕日では赤い光だけが目に(とど)く!

昼間は青く見える空も、夕方になると赤く見えるよ。それは太陽光線にふくまれている赤い光の波長が一番長いからで、波長の短い青色は、途中(とちゅう)でちらばってしまい、波長の長い赤い色だけがみんなの目に(とど)くからなんだ。

空の色は光の波長のちがいで決まるよ!

太陽が一番近くにある昼間は、波長の短い青い光が空気の中でよくちらばり、空が青く見えるんだ。

(ぎゃく)に、太陽が一番遠くにある夕方は、波長の長い赤い光が遠くまで(とど)きやすく、空が赤く見えるよ。

同じように雲が白く見えるのは、雲の中にある小さな水のつぶにぶつかった光がちらばって、すべての色が合わさって白く見えるんだ。

こちらも見てみよう

もくじへもどる

空の世界トップへ