Hitachi

みんなに製品が届くしくみ

もどる

もし、物流のしくみがなかったら?

もし、物流のしくみがなくなったらどうなるだろう?工場では製品(せいひん)がつくれないし、製品(せいひん)がつくれないとお店にものが(とど)かないよね。みんなの生活に必要(ひつよう)なものがなくなって、とても不便(ふべん)になるよ。それだけ物流って大切なしくみなんだね。

そんな大切な物流のしくみをもう少し、細かく見てみよう。

そんな大切な物流のしくみをもう少し、細かく見てみよう。

物流の6つの分野(ぶんや)

物流のしごとには、大きくわけると「輸送(ゆそう)」、「保管(ほかん)」、「荷役(にやく)」、「包装(ほうそう)」、「流通加工(りゅうつうかこう)」、「情報管理(じょうほうかんり)」の6つの分野があるよ。ものがみんなのところに(とど)けられるまでには、これらのいろいろな物流のしごとがおたがいに密接(みっせつ)(むす)びつきながら行われているんだよ。

輸送(ゆそう)原材料(げんざいりょう)製品(せいひん)を運ぶ。

ものをつくるために工場で使われる原材料(げんざいりょう)を運んだり、工場でつくられた製品(せいひん)を、工場からデパートやスーパーマーケットなどのお店に運ぶことを輸送(ゆそう)というよ。また、みんなが宅配便(たくはいびん)で荷物を送ることも輸送(ゆそう)のひとつだよ。

保管(ほかん)倉庫(そうこ)保存(ほぞん)管理(かんり)

生産(せいさん)したものを大切に保存(ほぞん)しておくことを保管(ほかん)というよ。農産物(のうさんぶつ)工業製品(こうぎょうせいひん)は、前もって一度にたくさん生産(せいさん)し、使うまでとっておくものもあるんだ。たとえば、秋に収穫(しゅうかく)されたお米は、倉庫(そうこ)保管(ほかん)して、必要に応じて出荷されているし、冬に使う電気ストーブは夏から秋にかけてつくられ、寒くなるまで倉庫(そうこ)保管(ほかん)しているんだ。ものをすぐに出荷できるように管理(かんり)し、大切に保存(ほぞん)しておくことが保管(ほかん)なんだ。

荷役(にやく)()みおろしや倉庫(そうこ)への出し入れ。

ものを輸送(ゆそう)したり保管(ほかん)したりするために、荷物を()んだりおろしたり、倉庫(そうこ)に出し入れしたりするしごとを荷役(にやく)というよ。軽い荷物の場合は人手でもできるけど、重い荷物の場合や急いでいるときには、フォークリフトやクレーンなどの機械(きかい)でやるんだ。

包装(ほうそう)>荷物を守り、運びやすく。

品物がよごれたり壊れてしまわないように(つつ)んだり、運んだり保管(ほかん)しやすくするために、箱などに入れることを包装(ほうそう)というよ。(だん)ボール箱に入れることが一般的(いっぱんてき)だけど、木箱や紙袋(かみぶくろ)、プラスチック容器(ようき)やドラム(かん)など荷物の形や種類(しゅるい)によっていろいろな包装(ほうそう)の仕方があるんだ。

流通加工(りゅうつうかこう)(とど)ける前に最後(さいご)の仕上げ。

衣料品(いりょうひん)食料品(しょくりょうひん)、日用品などの商品への値札(ねふだ)つけや、製品(せいひん)にキズがないかの検査(けんさ)完成品(かんせいひん)にするための組み立てなど、工場からみんなの手元に送られるまでに行われる、いろいろな加工作業(かこうさぎょう)のことを流通加工(りゅうつうかこう)というよ。

情報管理(じょうほうかんり)製品(せいひん)の流れをいつでも確認!

大切な製品(せいひん)がどこの倉庫(そうこ)や流通センターにどれだけあるのか、また、製品(せいひん)が今どこに運ばれているのかなどをコンピュータを使って調べることができるんだ。そのしごとを物流情報管理(ぶつりゅうじょうほうかんり)というよ。荷物の情報(じょうほう)正確(せいかく)に知ることにより、みんなの手元に安全、確実(かくじつ)に、そして早く(とど)けられるんだ。

荷物を運ぶだけが物流じゃない!

ものづくりのために、工場にものを運ぶだけじゃなくて、大切に保管(ほかん)したり、きれいに包装(ほうそう)したり、みんなの手元に製品(せいひん)(とど)くまでにはいろんなしごとがあるんだね。

日立は、物流の会社と協力(きょうりょく)して、製品(せいひん)管理(かんり)包装(ほうそう)情報管理(じょうほうかんり)などをサポート。製品(せいひん)をみんなの手元に早く、正確(せいかく)に、大切に(とど)けるお手伝(てつだ)いをしているよ。

もくじへもどる

物流の世界トップへ