ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

特徴

ハードディスク全体の暗号化とOS起動前の認証でクライアントPCの盗難・紛失による情報漏洩を防ぎます。

・ハードディスク全体を暗号化
・OS起動前(ブート時)の独自ユーザ認証
・Windows 10に対応
 Windows 10でのご利用にあたっていくつか制限事項がございます。
 詳しくはこちらをご参照ください。

製品概要

ハードディスク全体の暗号化

ハードディスクをOSのシステム領域を含め、全てのデータを暗号化します。
・インストールの際にハードディスク全体を暗号化します。バックグランドで暗号化するため、
 インストール中でも業務の継続が可能です。
・ログイン後、暗号化データはアクセス時に自動的に復号されます。ユーザはデータ暗号化、
 復号を意識する必要はありません。

ハードディスク全体を暗号化



OS起動前(ブート時)の独自ユーザ認証

BIOS起動後のOS起動前に認証します。
・PCを起動すると、OS起動前に秘文独自のユーザ認証画面が表示されます。認証に失敗した
 場合、OSが起動しないのでPC内のデータにアクセスできません。
・Full Disk Encryption for 秘文の認証とWindows認証を連携し、Windows認証画面を省略する
 こともできます 。一度のログインで業務を開始することが可能です。

OS起動前(ブート時)のユーザ認証


制限事項

(1) Windows 10 でのご導入をご検討の場合、以下の制限があります。
・Full Disk Encryption for 秘文を導入済み環境で、Windows 10 アップデート(※1)を適用しない
 でください。適用すると、エラー(※2)が発生します。(エラー発生後、Windows の修復機能が
 動作して適用前の状態に戻ります。)
 ※1 ビルド更新のアップデートを示します。セキュリティパッチやバグフィックスの適用は
    可能です。
 ※2 Microsoft 社より情報が公開されています(KB:3130052)。

・Windows 10 アップデートの対応状況およびサービシングモデルの対応状況につきましては
 下表を参照してください。

Windows 10 アップデートの対応状況(表に記載のないアップデートは未対応です)

バージョン番号(※) ビルド番号(※) 対応状況
10.0 10240 対応
1511 10586 対応
1607 14393 対応

※ Windows 10のバージョン番号およびビルド番号は、Windows標準のコマンド「winver」を実行
 することで確認できます。


サービシングモデルの対応状況

サービシングモデル 対応状況
LTSB(Long Term Servicing Branch) Windows 10 Enterprise 2015 LTSB、およびWindows 10 Enterprise 2016 LTSBに対応しています。
CBB(Current Branch for Business) Windows 10アップデートを延期してください。
CB(Current Branch) 対応しておりません。Windows 10アップデートを延期する設定(CBB)に変更してください。

(2) Windows 7 もしくは8.1 にてご利用いただく場合は、Full Disk Encryption for 秘文をインス
 トールしたままの状態でWindows 10へアップグレードすることができません。Windows 10 へ
 アップグレードする前にFull Disk Encryption for 秘文をアンインストールする必要があります。

上記の他にも制限事項、注意事項があります。詳細は弊社までお問い合わせください。

動作環境

Management Server(Hyper-V環境)、SmartEndpoint
OS 次のどれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。 64ビット版のみに対応しています。
Windows 8.1 Pro (Updateなし、またはUpdate)
Windows 8.1 Enterprise (Updateなし、またはUpdate)
Windows 10 Pro*1
Windows 10 Enterprise*1
CPU 各OSで規定されているシステム要件に準じます。*2
メモリ 4GB以上[推奨6GB以上]
HDD 32GB以上の空き容量
前提プログラム Management Serverの場合
 Hyper-V
SmartEndpointの場合
 .NET Framework 2.0、3.0、または3.5
 .NET framework 4.5または4.6
 Visual C++ 2005、2008 SP1、2010再頒布可能パッケージ   

*1:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては
  未対応です。
 @ Windows 10 バージョン 10.0 ビルド 10240
 A Windows 10 バージョン 1511 ビルド 10586
*2:仮想化オプション(具体的には Intel Virtualization Technology(Intel VT)または
  AMD Virtualization(AMD-V)) が有効となっているプロセッサが必要です。

Offline Management Tool
OS 次のどれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。 32ビット版、または64ビット版に対応しています。
Windows 7 Professional (SP1)
Windows 7 Enterprise (SP1)
Windows 8.1 Pro (Updateなし、またはUpdate)
Windows 8.1 Enterprise (Updateなし、またはUpdate)
Windows 10 Pro*1
Windows 10 Enterprise*1
CPU Windows 7の場合:Intel Core Duo 1.66GHz 相当以上
Windows 8.1以降の場合:各OSで規定されているシステム要件に準ずる。
メモリ 32ビット版OSの場合:1GB以上[推奨2GB以上]
64ビット版OSの場合:2GB以上[推奨4GB 以上]
HDD 32ビットOSの場合:1GB以上の空き容量
64ビットOSの場合:2.5GB以上の空き容量
前提プログラム .NET framework 4.5または4.6
Visual C++ 2008 SP1再頒布可能パッケージ   

*1:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては
  未対応です。
 @ Windows 10 バージョン 10.0 ビルド 10240
 A Windows 10 バージョン 1511 ビルド 10586

クライアント
OS 次のどれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。 32ビット版、または64ビット版に対応しています。
Windows 7 Professional (SP1)
Windows 7 Enterprise (SP1)
Windows 8.1 Pro (Updateなし、またはUpdate)*1*2
Windows 8.1 Enterprise (Updateなし、またはUpdate)*1*2
Windows 10 Pro*1*3*4
Windows 10 Enterprise*1*3*4
CPU Windows 7の場合:Intel Core Duo 1.66GHz 相当以上
Windows 8.1以降の場合:各OSで規定されているシステム要件に準ずる。
メモリ 32ビット版OSの場合:1GB以上[推奨2GB以上]
64ビット版OSの場合:2GB以上[推奨4GB 以上]
HDD ファームウェアがBIOSの場合:MBRディスク
UEFIの場合*5:GPTディスク
1GB以上の空き容量および、各ボリュームごとに32MBの連続領域が必要
前提プログラム .NET Framework 2.0、3.0、または3.5
Windows 7の場合:Microsoft社「KB3033929」
Windows 10の場合:Microsoft社「KB3105213」   

*1:起動前認証でタッチパネルに対応していますが、機種によっては動作しない場合があります。
  タッチパネルを使用する場合には、事前に検証を行ってください。
*2:Windowsイメージファイルブート (WIMBoot機能)を使用してインストールされたOSには対応
  していません。
*3:システムの圧縮 (Compact OS)を使用してインストールされたOSには対応していません。
*4:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては
  未対応です。
 @ Windows 10 バージョン 10.0 ビルド 10240
 A Windows 10 バージョン 1511 ビルド 10586
*5:【一時的制限事項】ファームウェアがUEFIの32ビット環境のPCには、導入しないでください。

価格

Full Disk Encryption for 秘文の価格については、弊社までお問い合わせください。