ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
Cosminexusとは

ビジネス環境の変化とIT

スマートフォンが普及し、さまざまな機器がインターネットにつながるようになって、Web上のサービスは急速に多様化してきました。ネットとリアルの店舗を統合して利便性を高めたり、在庫状況をリアルタイムに管理して即日配達を可能にしたり、スピーディーできめ細やかなサービスをすばやく提供することが求められるようになっています。それを実現するためにはITの活用が必須。今までの企業内活動の効率化から、よりスピーディーで利便性の高いサービスをお客さまにすばやく提供するためのITへと、その役割りも変化しています。

イメージ図

Cosminexusで、「スピーディーなサービス」を「すばやく提供」

スピーディーなサービスをすばやく提供するためには、サービスを担うITシステムを迅速に開発・改修することが必要です。それを可能にするのがミドルウェアの共通化。アプリケーション開発・実行環境の共通化とシステム間連携基盤の導入が、威力を発揮します。

イメージ図

すばやく提供 〜アプリケーション開発・実行環境の共通化〜

お客さまの真のニーズをつかむには、サービスを創って提供し評価して改善するというサイクルを何度も繰り返すことが大切であり、サービスのすばやい開発が欠かせません。そこで有効なのが、アプリケーションの開発・実行に必要なミドルウェアを共通にしてパターン化することです。Cosminexusなら、開発環境や実行環境の構築を自動化できるので、サービスをすばやく提供できます。

イメージ図

アプリケーション開発・実行環境の共通化を支援する、アプリケーション基盤共通化ソリューションをご用意しています。

スピーディーなサービス〜システム間連携基盤の導入〜

スピーディーなサービスを提供するには、サービスが必要とするデータをすばやく取得できなければなりません。そしてお客さまの真のニーズを実現して満足を高めるためには、お客さまやさまざまな機器が発信する情報と従来システムに蓄積された情報を、すばやく連携させることが必要です。そこで有効なのが、データ取得やシステム連携に必要なミドルウェアを共通化してシステム間連携基盤を導入することです。システム間連携基盤を通じてデータをすばやく取得できるため、スピーディーなサービスを提供できます。また、システム間の連携を一元管理できるので、システムの追加や変更に伴う影響範囲が明確になり、システム改修などのコストを削減できます。

イメージ図

システム間連携基盤の導入を支援する、システム間連携基盤ソリューションをご用意しています。

Cosminexusの新機能

Cosminexusでは、2014年秋の機能強化で、すばやくサービスを提供するための機能を追加しました。
これまでネックになっていた「人手」による部分を、標準化・自動化・見える化することで、システム構築およびシステム検証の工数が削減できます。

すばやく確実なシステム構築 〜デプロイとセットアップの自動化〜

システム設計は「個々のSEのスキル」によるところが大きく、システム構築は「人海戦術」になることもしばしば。Cosminexusは、スキルを「標準化」、人海戦術を「自動化」することで、スピーディーなシステム構築を支援します。

  • Excelシートに入力したパラメータを元に、デプロイとセットアップを実施します。
  • 実績のあるシステム構成やパラメータ値をテンプレートとして登録できます。このテンプレートを再利用することで設計が標準化され、設計作業の省力化・期間短縮が図れます。
  • 構築作業はテンプレートをもとに自動で行われるので、ミスの無い確実なシステム構築が可能です。

イメージ図

この機能は、システム構築支援基盤 Hitachi IT System Configuration Managerが提供します。

高効率なシステム検証 〜テストの自動化・性能ネックの「見える化」〜

Cosminexusは、テスト工程を効率化し、性能ネック箇所の解析をスピーディーに行うための機能を提供します。

テストの自動化

システム更改時には、開発工程のかなりの部分を占めるテスト工程。この工程の一部が自動化できます。

イメージ図

  • 本番システムで蓄積したパケットデータを再現させることで、新システムのリグレッションテスト*が行えます。応答データの突合せも自動で行えるためテスト効率の向上が図れます。
  • 蓄積したパケットデータから、実施したい業務テストが再現できます。蓄積したデータの投入間隔も自在に変更することができるため、高負荷テストも簡単に実施できます。
*
リグレッションテスト:システム変更時に、その変更によって予想外の影響がないか確認するテスト

性能ネックの「見える化」

システムが大規模化すると、性能障害が発生した場合に原因の特定が難しく、調査が長時間化しがちです。WebサーバからDBサーバへ一連のトランザクションでの流れを、パケットデータにより一元的に可視化することで、性能障害となったトランザクションを特定してリアルタイムに表示できます。

イメージ図

テスト自動化、性能ネック「見える化」は、システム検証支援サービスとして提供します。

製品一覧

製品一覧は下記をご覧ください。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。