ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Linux版

COBOL2002:注意事項

動作環境

  • 64ビット版COBOL2002で作成したCOBOLプログラムは、64ビットオペレーティングシステム上で動作可能です。
  • 32ビット版COBOL2002で作成したCOBOLプログラムは、64ビットオペレーティングシステムおよび32ビットオペレーティングシステム上で動作可能です。ただし、64ビットアプリケーションとCOBOLプログラムを同一プロセス中に混在させることはできません。

動作ロケールに関連した注意事項環境

  • UTF-8ロケールでの動作は、Unicode機能を前提としています。このため、使用できる機能、日本語項目、および多バイト文字の使用範囲に制限があります。詳細は、マニュアル「COBOL2002 使用の手引 手引編」の「第15編 Linux(x86) COBOL2002、Linux(x64) COBOL2002でのUTF-8ロケールの対応」および「COBOL2002 使用の手引 操作編」の「10. Linux(x86) COBOL2002、Linux(x64) COBOL2002でのUTF-8ロケールの対応」を参照してください。
  • COBOLソースプログラムは、シフトJISで記述したものだけコンパイルできます。UTF-8で記述したCOBOLソースプログラムはコンパイルできません。また、UTF-8ロケールで動作させる場合、Pro*COBOLのソースプログラムは、ASCII文字の範囲で記述する必要があります(多バイト文字は使用できません)。

ISAMおよびSORT製品

本製品はISAM製品およびSORT製品の機能を含めて提供しており、ISAMおよびSORT製品を購入しなくてもCOBOLの索引ファイル機能および整列併合機能を使用できます。
ただし、次の場合は別途ISAMおよびSORT製品を購入する必要があります。
<SORT製品の購入が必要>
SORT製品が提供するコマンドを使用してソートする(ユティリティとして使用する)場合。
<ISAM製品の購入が必要>
COBOL2002以外のプログラミング言語を使ってISAMファイルをアクセスする場合。
SORT製品が提供するコマンドを使用したソートで、ISAMファイルを入力とする場合。

ISAM(単体製品版)のインストール/アンインストール

COBOL2002とISAM製品を同一のマシンにインストールする場合、ISAM製品が提供するファイル(ISAM環境定義情報ファイル(ismdef.ini)やライブラリファイルなど)の一部(以降ISAM共通ファイル)は、COBOL2002でも提供されています。このため以下の点に注意してください。

COBOL2002インストール後にISAM製品をインストールする場合
ISAM製品より新しいバージョンのISAM共通ファイルが存在する場合でも、インストール時にISAM共通ファイルが上書きされます。そのため、ISAM製品が古いバージョンである場合、バージョンダウンを引き起こしてしまいます。
併用環境では、COBOL2002が提供するISAM共通ファイルと同じか、新しいバージョンのISAM製品をインストールしてください。
ISAM製品をインストール後にCOBOL2002をインストールする場合
ISAM製品がインストールされている場合、COBOL2002が提供するISAM共通ファイルはインストールされません。COBOL2002が提供するISAM共通ファイルが、インストールされているISAM製品より新しいバージョンである場合は、COBOL2002が提供するISAM共通ファイルと同じか、新しいバージョンのISAM製品をインストールしてください。
COBOL2002とISAM製品がインストールされているマシンからCOBOL2002をアンインストールする場合
ISAM製品がインストールされている場合、COBOL2002をアンインストールしてもISAM共通ファイルは削除されません。
COBOL2002とISAM製品がインストールされているマシンからISAM製品をアンインストールする場合
ISAM製品をアンインストールすると、マシンからISAM共通ファイルが削除されます。COBOL2002でISAM機能を使用する場合は、COBOL2002をアンインストール後、再度インストールしてください。
対象製品:
上記注意事項は、以下の製品が対象です。
これより古いバージョンをお使いの場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
Linux(x86)版COBOL2002:
01-02以降
Linux(x64)版COBOL2002(64ビットモード):
初期バージョンから

SORT(単体製品版)のインストール/アンインストール

COBOL2002とSORT製品を同一のマシンにインストールする場合、SORT製品が提供するファイル(ライブラリファイルやメッセージファイルなど)の一部(以降SORT共通ファイル)は、COBOL2002でも提供されています。このため以下の点に注意してください。

COBOL2002インストール後にSORT製品をインストールする場合
SORT製品より新しいバージョンのSORT共通ファイルが存在する場合も、インストール時にSORT共通ファイルが上書きされます。そのため、SORT製品が古いバージョンである場合、バージョンダウンを引き起こしてしまいます。
併用環境では、COBOL2002が提供するSORT共通ファイルと同じか、新しいバージョンのSORT製品をインストールしてください。
SORT製品をインストール後にCOBOL2002をインストールする場合
SORT製品がインストールされている場合、COBOL2002が提供するSORT共通ファイルはインストールされません。
COBOL2002が提供するSORT共通ファイルが、インストールされているSORT製品より新しいバージョンである場合は、COBOL2002が提供するSORT共通ファイルと同じか、新しいバージョンのSORT製品をインストールしてください。
COBOL2002とSORT製品がインストールされているマシンからCOBOL2002をアンインストールする場合
SORT製品がインストールされている場合、COBOL2002をアンインストールしてもSORT共通ファイルは削除されません。
COBOL2002とSORT製品がインストールされているマシンからSORT製品をアンインストールする場合
SORT製品をアンインストールすると、マシンからSORT共通ファイルが削除されます。
COBOL2002にてSORT機能を使用する場合は、COBOL2002をアンインストール後、再度インストールしてください。

Webシステム連携機能

  • Webシステム連携機能のサポート状況は、以下のとおりです。
システム連携機能
動作環境 製品 Cosminexus連携機能
(Cosminexus V9以降)
XML連携機能
UTF-8 COBOL2002(32ビットモード) ×
COBOL2002(64ビットモード)
シフトJIS COBOL2002(32ビットモード) ×
COBOL2002(64ビットモード) ×

Unicode機能を使用する場合の前提製品

  • Unicode機能を使用する場合、開発環境と運用環境の両方に日立コード変換が必要です。
Unicode機能を使用する場合の前提製品
COBOL2002製品 製品名
Linux版COBOL2002(64ビットモード) 日立コード変換 - Runtime(64) 02-05以降
Linux版COBOL2002(32ビットモード) 日立コード変換 - Runtime 02-03以降

ODBCインタフェース機能を使用する場合

  • ODBCインタフェース機能は、COBOLプリプロセッサが提供されていないデータベースにご使用ください。COBOLプリプロセッサが提供されているデータベースはプリプロセッサをご使用ください。
  • COBOL2002ではSQL文をODBCインタフェースを使ってODBCドライバマネージャ(unixODBC)に受け渡す機能をサポートします。ODBCドライバマネージャとデータベース間のアクセスについては、動作保証できません。ご使用になる際は、お客様が使用される範囲のデータベース機能が意図したとおりに動作することを事前に確認お願いします。
  • COBOL2002ではODBCドライバマネージャ(unixODBC)を提供していません。別途インストールしてください。