ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Linux版

COBOL2002:製品体系/製品ラインアップ

概要

Linux版COBOL2002は、次の製品区分から構成されています。

  • 開発・運用環境製品
  • 運用環境製品

それぞれ、「開発・運用環境製品」は開発から運用まで一貫してできる環境を、「運用環境製品」は開発したCOBOLアプリケーションを運用できる環境を提供しています。また、Linuxでご使用になる文字コード環境に応じた機能やサポートサービスを提供しています。

製品ラインアップ

Linux版COBOL2002では、Red Hat Enterprise Linuxに対応した製品を提供しています。また、製品には32ビットモードと64ビットモードがあります。

製品区分と製品名、適用OS、動作モードの関係を次に示します。

製品区分 製品名 適用OS 動作モード
64ビット 32ビット
開発・運用環境 COBOL2002 Net Server Suite Red Hat Enterprise Linux *1
運用環境 COBOL2002 Net Server Runtime *1
*1
64ビットモードに対応した製品は、製品名の末尾に「(64)」が付いた名称となります。
*
搭載CPUのコア数と種類に応じて追加CPUライセンス製品のご購入が必要になります。詳細はこちらNewWinを参照して下さい。

開発・運用環境製品(COBOL2002 Net Server Suite)

COBOLアプリケーションの開発から運用までが、一貫してできる製品です。COBOL2002規格対応のコンパイラやコマンドベースのテストデバッガ、および実行時ライブラリを提供しています。

運用環境製品(COBOL2002 Net Server Runtime)

開発・運用環境製品(COBOL2002 Net Server Suite)で開発したCOBOLアプリケーションを運用するための製品です。運用に必要な実行時ライブラリを提供しています。

文字コードに対応した機能・サポートサービス

Linux版COBOL2002では、適用OSのRed Hat Enterprise Linuxで使用する文字コード環境に応じた機能やサポートサービスを提供しています。詳細は下記ページをご参照ください。