ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:FAQ:見積/導入に関するご質問

Q1. リモートデスクトップ機能を利用してCOBOLプログラムを開発・運用したいと考えています。この場合、どのライセンスが必要ですか?

COBOL2002を、Windowsのリモートデスクトップサービス機能などを使用して接続元PCから利用する場合、使用目的に合わせて接続元PCにも接続先PCと同じ動作モードのCOBOL2002製品のライセンスが必要です。接続先PCと接続元PCのCOBOL2002製品の組み合わせは下の表のとおりになります。

Windows COBOL2002(64ビット版)

キャプションを入れてください。
接続先PC 使用目的 接続元PC
COBOL2002 Developer Professional(64) 開発 COBOL2002 Developer Professional(64)
COBOL2002 Net Developer(64) 開発 COBOL2002 Developer Professional(64)
または
COBOL2002 Net Developer(64)
または
COBOL2002 Net Server Suite(64)
COBOL2002 Net Server Runtime(64) 運用 COBOL2002 Net Server Runtime(64)
または
COBOL2002 Net Server Suite(64)
COBOL2002 Net Server Suite(64) 開発 COBOL2002 Developer Professional(64)
または
COBOL2002 Net Developer(64)
または
COBOL2002 Net Server Suite(64)
運用 COBOL2002 Net Server Runtime(64)
または
COBOL2002 Net Server Suite(64)

Windows COBOL2002

キャプションを入れてください。
接続先PC 使用目的 接続元PC
COBOL2002 Developer Professional 開発 COBOL2002 Developer Professional
COBOL2002 Net Developer 開発 COBOL2002 Developer Professionalまたは
COBOL2002 Net Developerまたは
COBOL2002 Net Client Suiteまたは
COBOL2002 Net Server Suite
COBOL2002 Net Server Runtime 運用 COBOL2002 Net Client Runtime または
COBOL2002 Net Client Suite または
COBOL2002 Net Server Runtime または
COBOL2002 Net Server Suite
COBOL2002 Net Server Suite 開発 COBOL2002 Developer Professional または
COBOL2002 Net Developer または
COBOL2002 Net Client Suite または
COBOL2002 Net Server Suite
運用 COBOL2002 Net Client Runtime または
COBOL2002 Net Client Suite または
COBOL2002 Net Server Runtime または
COBOL2002 Net Server Suite

Q2. Linux COBOL2002を使用するときの前提条件はありますか?

Linux COBOL2002を使用するときは、日本語ロケールとしてUTF-8を指定すること、COBOL2002のUnicode機能を使用すること、および前提製品として開発環境と運用環境の両方に日立コード変換が必要となります。
前提製品の詳細についてはUnicode機能を使用する場合の前提製品を参照してください。
ただし、COBOLソースの文字コードはシフトJISです。
COBOL2002を使用するときは、COBOLソースがシフトJISであることを示す環境変数を指定する必要があります。

Q3. COBOL2002 Net Server SuiteとCOBOL2002 Net Server Runtimeの両方を同一のインストール環境にインストールすることはできますか?

2つの製品を同一のインストール環境にインストールすることはできません。
開発・運用環境製品(COBOL2002 Net Server Suite)は運用にもご使用できますので、開発・運用環境製品だけをインストールしてください。

Q4. 開発環境製品をインストールしたマシンがあります。このマシンに追加で運用環境製品をインストールすれば、業務運用できるようになりますか?

2つの製品を同一のインストール環境にインストールすることはできません。一つのインストール環境で開発も運用も行う場合は、開発・運用環境製品をご使用ください。
なお、開発環境製品がインストールされている環境であれば、作成したプログラムを開発の一環で実行できますが、そのまま運用環境とすることはできません。

Q5. Windows版の開発・運用環境製品(COBOL2002 Net Server SuiteとCOBOL2002 Net Client Suite)と開発環境製品(COBOL2002 Net Developer)では、コンパイルして生成したモジュールに違いはありますか?
生成したモジュールを実行するときに使用する運用環境製品は、COBOL2002 Net Server RuntimeとCOBOL2002 Net Client Runtimeどちらを使用すべきですか?

2つの開発・運用環境製品と開発環境製品は、対応OSが異なりますが、コンパイルして生成したモジュールには違いはありません。
どの製品で生成したモジュールでも、運用環境製品は、モジュールを実行するOSにあわせて使用してください。
対応しているOSの詳細はCOBOL2002:動作環境を参照してください。

Q6. Unicode機能使用時、日立コード変換は必要ですか?

開発環境、実行環境ともに、日立コード変換が必要です。

Q7. 日本語ロケール シフトJIS環境で稼働しているCOBOLプログラムをLinuxへ移行することを検討しています。Linuxでは日本語ロケールの標準がUTF-8ですが、COBOLプログラムをUnicode化しなければなりませんか?

Linux COBOL2002ではCOBOLプログラムをシフトJISで稼働する製品およびサポートサービスを提供していますので、Unicode化する必要はありません。詳細についてはCOBOL2002:Linuxの文字コードに対応した機能・サポートサービスを参照してください。