ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

詳細情報

日時 2021年8月2日(月) 〜2021年9月30日(木)
形式 Webセミナー・オンデマンド配信(YouTube)
概要 予測不能の時代に立ち向かうための人と組織、マネジメントの姿とは。
「データの見えざる手」で幸福と生産性向上の関係を明らかにし、新著「予測不能の時代」でデータが明かす新たな生き方、企業、そして幸せについて語った、AI研究で世界的に注目を集める矢野和男が講演。
そして、日立とハピネスプラネットより、DX時代の人財活用、組織活性化の処方箋についてご紹介します。
対象 DX時代の人財・組織の活性化、マネジメントを検討したい方
費用 無料 ※事前登録が必要です
主催 株式会社 日立製作所

プログラム

タイトル・概要

基調講演予測不能の時代「不幸せ」が最大の企業リスクに 予測不能の時代である。変化に立ち向かうのは楽ではない。
だから前向きな精神的エネルギーが必要である。
しかし、変化に前向きに立ち向かうのは、それに見合うやりがいと成長と生産性と創造性を伴うものである。
これを可能にするのが誰もがもつ「オプティミズム」である。
講演者は、最先端のテクノロジーにより収集した1,000万日を越えるデータで幸せで生産的な
人間・組織を研究し、新著『予測不能の時代』につづった。この講演では、この新時代の人と組織、
そしてマネジメントの姿を論ずる。

株式会社 ハピネスプラネット 代表取締役 CEO 矢野和男

セッション1人財資本主義時代に向けて 〜日立の取り組み〜 ビジネス環境や働き方、IT技術の劇的な進化など、我々を取り巻く状況は正に『Great Resetの時代』を迎えていると言っても過言ではありません。そうした中、改めてスポットが当たっているのが、企業最大のアセットである人財のフル活用。すべての企業のHR部門は、自らのDX化を通して、この対応に向き合わざるを得ません。
新たな世界での飛躍に向けて、日立の最新の取り組みをご紹介します。

株式会社 日立製作所 人財統括本部 シニアエバンジェリスト 本真樹

セッション2幸せになる力・する力を核にしたマネジメントと処方箋のご提案 ハピネスプラネットは、2020年7月の設立以来、既に10社以上の企業・団体様の組織活性化をお手伝いしております。
「従業員のチャレンジ精神を育みたい」、「幸せに、充実感をもって働いてほしい」、「組織の課題を定量的につかみたい」。本セッションでは、そういった思いを持たれる経営者やHR部門の皆様に、処方箋:「前向きな心」「信頼できる関係」の向上施策や「組織風土の可視化」等のサービスをご紹介させていただきます。

株式会社 ハピネスプラネット 執行役員 CMO 松村健一
*
個人、同業他社・競合の方のご参加はお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 株式会社 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
経営企画本部 広報・プロモーションセンタ
メールアドレス