ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

オールフラッシュアレイ
オールフラッシュアレイHitachi Virtual Storage Platform 5500
Hitachi Virtual Storage Platform E590, E790


オールフラッシュアレイ
ハイブリッドフラッシュアレイHitachi Virtual Storage Platform 5500H
Hitachi Virtual Storage Platform E990

IoTの普及などを背景に、ビジネスや社会の営みから生み出されるデータが加速度的に増加するなか、膨大なビッグデータをAIなどによって分析・活用して新たな価値創出をめざす動きが活発化しています。

Hitachi Virtual Storage Platform E590, E790, E990は、エンタープライズストレージのOSをベースに先進的な仮想化技術を受け継ぎながらも、大容量データへのより高速なアクセスを可能にするNVM Express™(NVMe™)をドライブインタフェースに採用したフラッシュストレージ。

アーキテクチャの最適化でNVMeの高速アクセス・高レスポンスをさらに引き出すとともに、容量の密度を大幅に向上させてデータの集約率を高めることで、即応性に優れた高効率なストレージシステムを実現します。

  • IoT:Internet of Things
  • AI :Artificial Intelligence
  • NVMe :Non-Volatile Memory Express

大容量・高速アクセスを実現

高いデータ集約率による効率化

高いアクセス性能を持つNVMeで、大量のデータを少数の大容量ドライブに集約。容量の高密度化により、データ量の増加などに伴うストレージの肥大化やラックスペースの圧迫などを抑制し、データセンターなどの省スペース化やコスト削減を支援します。特に、Hitachi Virtual Storage Platform E590, E790は長年にわたるハードウェア設計ノウハウを生かした高密度実装*1により、コントローラとNVMeドライブを2Uの筐体に集約。コンパクト性と高いアクセス性能を両立し、設備に限りのある小規模システムから、大規模システムのデータ集約まで幅広く活用できます。

  • *1 特許出願中

安全かつ効率的なデータ活用

Active-Activeなボリュームミラーリング

Active-Activeなボリュームミラーリング機能*2によりデータの二重化をサポート。サーバーに対して異なる拠点にあるストレージの2つのボリュームを同一のものとして認識させることで、一方のボリュームで障害が発生してもサービスを停止させることなくシステムを切り替えられます。また、仮想化ソフトウェアと連携することにより、ストレージを操作することなく仮想マシンの移動が可能です。

関連特許

関連リンク

遠隔距離間のデータコピー

データセンターの災害対策として、ローカルサイトとリモートサイトに設置したシステム間における、サーバーフリー(非経由)のリモートコピー機能を提供。広域災害に備えるデータセンター構成で事業継続性を高めることができます。サイト間のデータ整合性を確保する同期リモートコピー機能のほかに、業務サーバーへの影響を極小化する非同期リモートコピー機能*3も用意。ストレージ仮想化機能と組み合わせて、柔軟な運用ができます。

関連特許

関連リンク

特許に関する表記は、2021年2月現在のものです。