ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

多岐にわたりさまざまで複雑な制約条件や、ノウハウに依存する構内入換計画業務を、容易なGUI操作や提案
機能(オプション)により構内入換計画ダイヤの作成・チェック・調整を行い、業務の効率化・標準化を支援

概要

構内入換計画業務は考慮する制約条件が多岐にわたり、ノウハウや経験が必要で、システム外領域による業務
遂行には時間と労力を要しています。

構内入換計画業務の現状


構内入換計画ダイヤ作成で考慮する車両運用情報や制約条件などをデジタル化し、管理することで情報共有も
可能となり、業務の効率化、標準化を支援します。

構内入換計画業務の未来

特長

1.容易なGUI(マウス)操作によるダイヤ図編集(番線変更、スジ引き、在線スジ分割、編成強調
      表示、在線時間変更)が可能となります。

2.作成した構内入換計画情報に対して、違反チェックを行いリストとして表示します。

ダイヤ図編集画面レイアウト


3.基本(改正日単位)と実施(日単位)によるダイヤ一元管理と共有が可能

 ・基本(改正日単位)と実施(日単位)の2種別で構内入換計画ダイヤを管理
 ・計画状態のステータスや日付で絞り込みした条件により構内入換計画を一覧表示し、計画担当者内で
    共有可能


4.車両運用情報の外部システム連携が可能

ファイル配置済みの車両運用情報をシステム連携することで、構内入換計画作成時のインプットとして
利用できます。帳票や電話連絡での伝達情報の手入力が不要となり、業務の効率化が可能となります。

外部システム連携図


5.構内入換計画(案)の提案作成が可能(オプション)

日立が独自開発した計画最適化エンジン*1 を用いた構内入換計画提案機能をオプションとしてサポートします。 構内入換計画提案機能(オプション)には
・編成毎に到着から発車までの一連の処理手順(到着→移動→作業→…→発車)の決定
・処理毎の制約(番線/進路、時間帯)の決定
が制約展開(標準)され、構内入換計画(案)を提案作成することが可能です。
基地固有の独自条件(処理順序・制約)をアドオン機能として追加することも可能です。
(制約展開(独自制約))

構内入換計画(案)の提案作成

*1「車両基地構内入換シーケンス作成装置、方法及びプログラム」 特許第04241584号 公報

システム構成

システム構成は以下となります。

機能図

*2 通信はSOAPプロトコルを使用しているため、同一機器内での通信が可能
*3 通信は.NET FrameworkデータプロバイダーによりDBアクセスするため、同一機器内での通信が可能
⇒同一端末上に全機器の機能を集約したスタンドアロン構成での動作も可能です。

*他社所有商標に対する表示
Windows、Windows Server、SQL Server、.NET Framework及び関連する名称は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

お問い合わせ

関連リンク