ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

概要

コロナ禍において、各金融機関は緊急融資や保険金支払いの迅速化、テレワーク導入など、金融機能の強化と業務改革を早急に進めています。そして、今後のWith/Afterコロナを見据えて、ニューノーマルに対応した金融サービスの強化と業務効率化が喫緊の課題となっています。
これらの課題を解決するため、今デジタルを活用した改革が迫られており、電子契約に注目が集まっています。
しかし、一般的な電子契約サービスは、一連の業務プロセスのうち契約業務のみをサポートしているケースが多く、契約業務以外で生じる事務作業をどういった方法で実施するかの検討や、実際の運用は、各金融機関にゆだねられているのが現状です。

「金融機関向け電子契約ソリューション」は、金融機関の契約にかかわる一連の業務プロセスにおいて、事務作業をトータルでサポートすることにより、金融機関にかかる負荷を軽減します。その結果、行員は、本業である企業経営の支援に時間を使えるようになります。

金融機関の契約に関するプロセス(既存システムでの審査→既存システムとの情報連携→契約準備→契約→状況確認→入庫準備→入庫)において、一般的な電子契約サービスのサポート範囲は契約業務(契約準備から状況確認まで)のみ。これに対し、金融機関向け電子契約ソリューションは既存システムとの情報連携から入庫までトータルでサポート。

金融機関向け電子契約ソリューションとは、金融機関の契約に関するプロセスの業務効率化を一気通貫で推進するサービスです。電子契約の実現だけでなく、審査をした既存システムとの情報連携から契約後の書類の入庫管理までを含め、既存システム資産を活用した業務効率化やペーパーレス化、印鑑レス化を支援します。

特長

電子証明書をスムーズに発行できます

電子契約書作成の準備段階で契約者情報を登録するため、電子契約書の送信とあわせて電子証明書を自動的に発行できます。金融機関側で電子証明書の発行方法を検討する必要がありません。

電子契約書のPDFファイルを自動生成できます

PDF形式の電子契約書をアップロードできるほか、システムからPDFファイルを自動生成できます。PDFを自動連結しファイル数を少なくしているため、署名回数が最小限で済みます。

電子契約と紙契約を一元管理できます

既存の債権書類管理システムとのデータ連携ができます。1つの契約で電子契約と紙契約が混在する場合、それらを一元管理することで、紙契約のみの場合と同等の事務を実現します。あわせて、入庫時のチェックシートなども電子化に対応できます。

既存システム連携用の標準APIを利用できます

既存システムで管理している稟議情報などを基にして契約書を作成することで、登録にかかる事務の負荷を軽減できます。APIは、JSON連携により実現しています。そのため、既存システムの改修コストを極小化できます。

JavaScript Object Notationの略

事務作業をサポートする機能が充実しています

電子契約の事務作業をサポートするためのポータルサイトを標準搭載しています。契約案件の管理だけでなく、期日管理、イベント通知が可能です。また、厳格な規定に沿って運用するための金融機関内のワークフローもサポートしています。

拡充されるソリューションサービスにより、契約者と金融機関の連携を強化できます

今後も金融機関向けのWebべースのソリューションを順次追加予定です。金融機関向け電子契約ソリューションの導入をきっかけとして、契約者と金融機関のさらなる連携強化が図れます。

ソリューションイメージ

[ソリューションイメージ]電子契約の利用層(法人の契約者:事業性融資、個人の契約者:各種ローン/住宅ローン、金融機関:債権者、他金融機関など:レンダー)は金融機関向け電子契約ソリューションにマイページからログインします。金融機関向け電子契約ソリューションは、次の業務(@契約者情報管理(立場/認証局アカウント管理を含む)、A契約管理(審査内容、実行後内容とのひも付け)、B契約関係書類作成(電子契約用/紙契約用)、C電子契約(認証局連携/証明書搭載後保管)、D電子契約・書類保管(追加オプション:債権書類管理連携))について、電子証明書の発行機関(電子認証局、タイムスタンプ局)と連携し、電子契約を実行します。また、E他システム連携(共通API利用)により、各種ミドルシステム(事業性融資審査システム、個人ローン審査システム、債権書類管理システム)と連携します(ミドルシステムのベンダは問わず)。これらのミドルシステムは勘定系などのバックシステムとも連携します。
ソリューションイメージ(拡大)

業務プロセスごとのサポート内容

業務プロセスごとのサポート内容の表
業務プロセス サポート内容
既存システムでの審査
既存システムとの情報連携
  • APIを利用した、契約書作成時に必要な情報の連携
  • 契約状況のリアルタイムでの把握
契約準備
  • 署名者情報の管理
  • 契約書情報の管理
  • その他書類情報の管理
  • 業務のワークフロー化
契約
  • マイページでの業務推進
  • 証明書情報のメール通知
  • 証明書の発行
  • Webを活用した認証
状況確認
  • 署名状況の管理
  • 署名済みPDFの自動受信
入庫準備
  • チェックリストの電子化対応
  • その他書類情報の管理
  • 業務のワークフロー化
入庫
  • 電子契約のみ、電子契約/紙契約混在、紙契約のみの情報の一元管理