ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

システム開発の効率化と品質向上を支援

Justware Development Platform Justware 統合開発プラットフォーム

大規模アプリケーション開発プロジェクトで培った開発ノウハウにデジタル技術を組み合わせて、
プロジェクト全体の高度化と開発者の働き方改革を促進します。

Justware 統合開発プラットフォームとは

アプリケーション開発をサポートする各種ツールに加えて、
プロジェクトの管理や推進をサポートする機能を組み合わせた開発環境です。
デジタル技術の活用で、テレワークを中心としたリモート開発においても
アプリケーション開発の効率化や品質向上を支援します。

↓

システム開発の効率化と
品質向上をサポート

Justware 統合開発プラットフォームを
活用した開発環境

[Justware 統合開発プラットフォームを活用した開発環境の概要]Justware 統合開発プラットフォーム(リモート開発支援、プロジェクト管理支援、開発者支援、アプリケーションフレームワーク、標準開発ツール)と各種インフラ(オンプレミス/プライベートクラウド/パブリッククラウド)によりシステム開発の効率化と品質向上をサポートします。[Justware 統合開発プラットフォームの機能]①リモート開発支援(・チームチャット分析、・開発行動分析):チームのコミュニケーション状況や作業状況などを可視化し、モチベーション維持・向上を支援。②プロジェクト管理支援(・ダッシュボード、・プロジェクト管理情報の自動収集 など):進捗、品質、課題などの開発情報を自動で収集し、ダッシュボードでプロジェクト管理情報を可視化。③開発者支援(・チャットボット、・ソースコードの自動修正 など):チャットボットを活用した開発の自動化など、リモート開発の効率化を支援。コーディングルールに基づいた自動修正や自動テストなどにより成果物品質のばらつきを抑制。④アプリケーションフレームワーク(・開発フレームワーク、・ランタイムフレームワーク、・標準ライブラリ など)⑤標準開発ツール(・ライブラリ管理ツール、・CI/CD ツール、・静的解析ツール など)

特長

お客さまに最適な開発環境

Justware 統合開発プラットフォームで提供する各機能は、単体でも提供が可能です。また各機能は他のOSSや製品に差し替えることも可能です。お客さまのニーズに合わせた適切な環境を提供します。

リモート開発でもチームワークを高める開発環境

リモート開発においても、チャット履歴やPC操作記録などを多角的に分析することで、メンバーやチームのモチベーション変化への気づきを得ることができ、チームワーク強化に向けた早期の対策を可能とします。

チャットボットで作業負荷軽減

チャットをベースとしてプロジェクトメンバーのコミュニケーションを活性化します。また、ボットを活用して各種ツールとの連携と自動化を推進し、開発者の作業負荷を軽減します。またお客さまのニーズに合わせて各種作業の自動化をはかることも可能です。

プロジェクト情報の視える化と共有

プロジェクト情報を自動収集し、進捗状況や品質状況などをグラフィカルに表示し、リアルタイムに確認できます。数値の集計や集約などの手間を省き、管理者の作業負荷を軽減します。

サービス体系

導入支援サービス
お客さまのプロジェクト特性やニーズをヒアリングし、最適な開発環境を構築して提供するサービスです。
サポートサービス
導入した各種機能や開発環境に関するお問い合わせに対応するサービスです。
導入後のカスタマイズサービス
導入した各種機能や開発環境をカスタマイズするサービスです。
各種機能の画面変更や仕様追加、開発環境の設定変更などを実施します。
ページの先頭へ