ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

エンタープライズ向けのAIアプリケーション開発と運用を支援

Justware
AIアプリケーションフレームワーク

エンタープライズ向けAIアプリケーション専用のフレームワークで、
AIの活用をさらに加速させ、お客さまのビジネス変革に貢献します。

これまで培ってきた「エンタープライズアプリケーションの開発・運用ノウハウ」をベースに、
「AIアプリケーションの開発・運用ノウハウ」を結集したフレームワークで、
エンタープライズシステムにおけるAIアプリケーションの開発・運用の効率化と品質向上を支援します。

↓

エンタープライズ領域へのAI普及を促進

  • AIアプリケーション開発の効率化や品質確保を支援
  • AIによる「データの利活用」や「業務プロセスの自動化」などの加速化を支援

機能構成

お客さまのご要望に応じて、単体もしくは組み合わせてご提供できます。

  • AIテンプレート

    多種多様なAIアプリケーションの開発ノウハウをもとに、汎用化したテンプレート。
    すぐに試行ができるため、短期間でのAI導入を支援。

    主なテンプレート内容
    回帰モデル、分類モデル、日立独自エンジンを利用したモデルなど。
  • AIスタンダードライブラリ

    エンタープライズシステム向けJava共通部品群をベースとした、Python向けの共通部品群。
    非機能要件も考慮した汎用性の高い部品群で、開発効率や品質向上を支援。

    主な部品内容
    ログ出力部品、メッセージカタログ、DBアクセス部品など。
  • 開発・運用支援基盤

    AIアプリケーションの開発と運用を支援する基盤製品。
    AIアプリケーションの劣化軽減や業務システム連携などの運用を支援。

    主な機能内容
    学習・推論実行制御、管理画面、モデル管理、モデル挙動監視など。
機能構成イメージ

AIテンプレートは、回帰モデル(コールセンター業務量分析)、分類モデル(人財マネジメント:従業員行動予測)、日立独自エンジンを利用したモデル(マーケティング:リピーター予測)などで構成されます。AIテンプレートでは、日立のAIナレッジを集約したひな形を用いて、素早く試して、素早く開発できます。AIスタンダードライブラリは、ログ出力部品、メッセージカタログ、DBアクセス部品などで構成されます。AIスタンダードライブラリでは、共通部品群をフル活用し、品質の高いアプリケーションを効率的に開発できます。開発・運用支援基盤は、学習/推論実行制御、管理画面、モデル管理、モデル挙動監視などで構成されます。開発・運用支援基盤では、AIの動きを監視する機能やバージョンを管理する機能により、運用を支援します。[利用イメージ]AIテンプレートをカスタマイズして開発・運用支援基盤に投入します。開発・運用支援基盤上に構築されたAIアプリケーション(学習/推論機能)に入力データをインプットします。AIアプリケーションは、AIスタンダードライブラリを利用して学習/推論結果をアウトプットします。Justware AIアプリケーションフレームワークは各種インフラ(オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド)で利用できます。

特長

AIテンプレート

AIテンプレートを活用して開発を効率化

AIテンプレートを活用することで、開発者はどのように作るかを理解し、すぐに動かして試すことが可能です。また、入力データの変更やAIエンジンの差し替えなど、テンプレートは自由にカスタマイズすることができ、要件を素早く実現することが可能です。
AI導入までの開発期間を削減できます。

AIスタンダードライブラリ

共通部品の利用による高品質化と開発の効率化

AIスタンダードライブラリは、Justwareで提供してきたエンタープライズシステム向けJava共通部品群をベースにした、Python向けの共通部品群です。
AIスタンダードライブラリを活用すると、エンタープライズシステムと同様な安定性や信頼性を確保するAIアプリケーションの開発が実現可能です。

開発・運用支援基盤

AIシステム固有の運用はフレームワークで自動化

開発・運用支援基盤では、以下のようなAI固有の運用を自動化が可能なため、本番稼働時の安定性や信頼性の向上をはかることができます。

  • AIアプリケーションへの入力データや推論結果を常に監視し、精度の劣化を自動的に検知します。
  • 自動的に学習結果のバージョンを管理します。
  • 学習精度が劣化した場合、再度学習をやり直します。また、過去学習済のバージョンを選択し採用することも可能です。
各機能を活用した開発プロセスイメージ

AIテンプレートをカスタマイズして開発環境に投入します。→試行版AIアプリケーション(学習/推論機能)で試行開発(PoC)します。(素早く試行できます。)→AIスタンダードライブラリを組み込んだAIアプリケーションで本番向け開発を行います。(エンタープライズレベルの品質を確保できます。)→開発・運用支援基盤上に構築された、AIスタンダードライブラリを組み込んだAIアプリケーションで実行(運用)します。(AIの精度を継続的に維持できます。)また、開発・運用支援基盤は業務システムと連携できます。

サービスメニュー

サポートサービス   * 別途、製品ライセンスが必要となります。
導入した製品に関して、以下の内容を支援するサービスです。
問題解決の支援
製品の使用方法に関する一般的なお問い合わせの回答や解決を支援します。
情報の提供
製品の最新情報やシステム維持・運用に役立つ予防保守情報を提供します。
改良版の提供
お客さまのご要望に応じて製品の改良版を提供します。
技術支援サービス
お客さまのプロジェクトの成功を導くために、日立の豊富な導入実績やノウハウを活かしたテクニカルサービスです。
 ※
製品の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
  *
Pythonは、Python Software Foundation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  *
その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商号、商標もしくは登録商標です。
ページの先頭へ