ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

CI/CDの導入支援

リリースサイクルを短縮するためにCI/CDを導入したいプロジェクトの中には、最適なツールやプラグインがわからなかったり、設計の仕方がわからないために、CI/CDの環境を構築できず、導入に失敗するケースがあります。
DevOps技術導入支援サービスでは、お客さまのプロジェクト特性やご要望に合わせてCI/CD環境の設計を支援します。
CI/CD環境の設計は、以下のステップで進めていきます。

Step1お客様への
ヒアリング

プロジェクトのニーズを伺います。

  • 現状の課題
  • CI/CD導入の目的・背景
  • プロジェクト特性、アプリケーション特性 など

Step2開発プロセスの設計

プロジェクトニーズにもとづき、CI/CDを導入した開発プロセスを設計します。

  • 現開発プロセスの変更点整理
  • 自動化範囲の設計
  • 体制やロールを考慮した自動実行契機や、結果の通知方法の設計 など

Step3実装方式の
設計

開発プロセス設計の内容にもとづき、CI/CD環境の実装方式を設計します。

  • ツールやプラグインの選定
  • 各ツール間の連携方式設計(ツールチェーン設計)
  • CIツールのジョブ設計、自動化スクリプト設計 など

↓

お客さまの目的に合った環境を設計することで、
最適なCI/CD環境を構築できます。

お問い合わせ

 ※
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
ページの先頭へ