ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

プログラム仕様可視化サービス

-日立のノウハウを集約した解析技術-

プログラム仕様を可視化することで、影響調査や保守業務の効率が向上します。
また、次期システムの検討にも役立てることが可能です。

長年利用しているシステムには、設計書が揃っていなかったりメンテナンスされないために、プログラム改修の際、変更点や影響範囲がわからない、または調査に時間がかかるなどの問題点があります。
この結果、システムの保守効率を下げたり、システム更改を難しくしているケースが多くあります。
これらの問題をプログラム仕様可視化サービスが解決します。

サービス概要

豊富なアプリケーション開発の実績から得たノウハウを集約した解析技術を用いて、ソースコードなどの現行システムの資産をもとに可視化情報を生成します。現行資産の調査や保守における影響調査でニーズの高い各種リソースの関連情報などを自動生成します。

[プログラムソース]→[解析ツール]→[プログラム仕様の可視化結果(一例)](・画面遷移図、・呼び出し関連図、・CRUD図、ジョブフロー図)※結果をわかりやすい画面で提供(プログラムの階層構造を掘り下げて見ることができる専用ビューワーで、わかりやすく確認できます。)

■サポート言語

  • COBOL
  • Java
  • ABAP

プログラム仕様の可視化の成果物の例

リソースの一覧表

プログラムや画面などのリソースの情報を一覧表にします。

  • プログラム一覧表
  • 画面一覧表
  • など

リソースの関連情報

プログラム間、プログラムとDB間などの呼び出し関係や、入出力の情報を出力します。

  • プログラム呼び出し関連図
  • CRUD図
  • など

リソースの詳細情報

DBやファイル などの詳細情報や、ジョブの IO情報をフロー図とした情報を出力します。

  • テーブル定義書
  • 画面遷移図
  • ジョブフロー図
  • など

お問い合わせ

 ※
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
  *
ABAP は、SAP AGの独国およびその他の国における商標または登録商標です。
  *
Oracle と Java は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
ページの先頭へ