ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

データ仕様可視化サービス

-最短数日で提出-

データのバリエーションや分布を可視化することで、
確実なデータ移行、システム更改をサポートします。

データ不正による問題は、プロジェクトの後半で発生することが多く、発生した場合は、データ品質の確保に時間がかかり、スケジュール遅延に繋がりやすくなります。これらの問題をデータ仕様可視化サービスが解決します。

サービス概要

データベースに格納されているデータをご提供いただければ、最短数日でデータバリエーションや分布といった調査レポートを提出します。既存仕様書を準備いただく必要はありません。データさえご提供いただければ、素早く分析し、結果をレポートにします。分析結果のレポートはデータ修正や設計書の見直しに活用いただくことで、データ品質や設計品質の向上、手戻り防止に役立ちます。

[ご提供データ]※ご提供いただくのはデータのみで、設計書などの資料は必要ありません。→[分析]※3つの分析機能(・単カラム分析、・カラム間分析、・テーブル間分析)→[分析結果レポート](・データバリエーション、・ER 図、・リレーション一覧 など)※●テストデータバリエーションの把握、●データ不正の把握→[業務への適用]設計、データの品質向上。 ※データのご提供から分析結果レポートの提出まで最短数日。データ調査時間を短縮できます。

データ仕様の可視化の成果物

  • データバリエーション一覧:
    各カラムに存在するデータのバリエーション一覧
  • リレーション一覧:
    データ対応関係から推定したリレーション一覧
  • データ課題一覧:
    可視化されたデータ仕様に基づいて、洗い出されたデータ課題の一覧
  • ER図:
    データ対応関係から推定したリレーションの図
 ※
サービスの仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
ページの先頭へ