ページの本文へ

Hitachi

プラント予兆診断サービス「ARTiMo」

アルティモ

ARTiMo

プラント予兆診断サービス

AIを活用してプラントの運転状態を自動的に分類・解析することで、
プラントを構成する機器や設備などの複合要因による異常を早期に検知できるサービス

「ARTiMo」の活用イメージと
導入メリット

「ARTiMo」の活用イメージ

幅広いソリューション対応を含めた継続的な技術拡張、関連技術と融合したプラントの実現を支援します。

予兆診断サービス
「ARTiMo」の特長

  • ART学習による診断精度向上

    • 運転データの特長をAIによりカテゴリー化し運転状態を可視化する。
      これまでにない運転状態を検知した際に、いつもと違う要因(温度や圧力の高低など)をもとに正常・異常を判断します。
      診断結果を学習させることで、ナレッジ蓄積や診断精度を高めていくことが可能です。
  • 各プラントに合わせた監視画面のモデル化・カスタマイズ

    • 各プラントの系統構成に合わせた監視・診断画面を構築することができます。
      モデルの作成が容易なため、重要な部分のモデル詳細化や新規構築など、お客様自身で使いやすいようにカスタマイズすることができます。
  • 導入が容易なオンライン診断システム

    • 既存システムとのデータ連携インターフェースを構築するだけで容易にオンライン導入をすることができます。
      オンライン化後は、特定事象の予兆検知に留まらず、プラントワイド予兆診断、要因分析支援機能、逐次学習型システムの構築を実現します。

「ARTiMo」は日立製作所の日本における登録商標です。

ページの先頭へ