ページの本文へ

Hitachi

統合サービスプラットフォーム BladeSymphony

BS500 ストレージ拡張ブレード

BS500 ストレージ拡張ブレード
モデル BS500ストレージ拡張ブレード
形名*1 GG-FH3STB1N□□□
RAID仕様*2 コントローラ LSI SAS2208(キャッシュバックアップ付き)
インタフェース SAS2.0 (6Gbps)
RAID機能 RAID 1,5,6,10 (ホットスペア)
キャッシュ容量 1GB
内蔵ストレージ 2.5型 147GB(15,000min-1) SASディスク、
2.5型 300GB (10,000min-1) SASディスク、
2.5型 300GB(15,000min-1) SASディスク、
2.5型 600GB (10,000min-1) SASディスク、
2.5型 900GB (10,000min-1) SASディスク、
2.5型 1.2TB (10,000min-1) SASディスク、
2.5型 SAS 200GB SSD、
2.5型 SAS 400GB SSD
スロット数 6 (ホットプラグ)
拡張カードスロット数 1 (専用形状)
PCI拡張カードスロット数 2 (PCI Express2.0)
SASインタフェース 6Gbps SAS×1ポート*3
最大消費電力*4 93W
運用時の消費電力*5 93W
省エネ法に基づく表示
(2011年度規定)
区分 N
エネルギー
消費効率*6
0.018

※ストレージ拡張ブレードはVirtageは非サポートです。
※ストレージ拡張ブレードはN+Mコールドスタンバイ構成は非サポートです。

*1
□□には装置の構成により異なった形名が入ります。
*2
PCI Express2.0拡張カードスロットにRAIDカードを搭載することによりインタフェースを増設します。
*3
PCI Express2.0拡張カードスロットにSAS PCI Expressカードを搭載することによりインタフェースを増設します。
*4
DC消費電力の最大値です。
*5
通常運転時のDC消費電力の目安です。
*6
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。

* 記載されている仕様は、製品の改良により予告無く変更になることがあります。