ページの本文へ

Hitachi

日立グループ

2021年10月8日
株式会社日立製作所

  日立グループは、2021年12月13日以降のすべてのメール送受信において、パスワード付きZIPファイルの利用を廃止させていただくことを、お知らせいたします。
  パスワード付きZIPファイルが添付されたメールは日立グループにて送受信されず、受信者/送信者の日立グループ従業員に対して、配送を抑止した旨がメールで通知されることとなります。
  お客さまおよびお取引先さまにおかれましては、日立グループとのデータの授受の方法につきまして、適宜担当者にご相談頂けますと幸いです。
  弊社施策に対するご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

背景

  従来、通称PPAP*は、多くの人が利用可能で通信経路上の暗号化を保証する方式として日立グループにおいても利用されてきました。しかし、すでに暗号方式としてセキュリティを担保できるものでなく、昨今はパスワード付きZIPファイルを添付することでセキュリティチェックを回避する、Emotet(エモテット)やIcedID(アイスド アイディー)、QakBot(Qbot)などのマルウェアが広まっています。
  こうした背景のもと、日立グループだけでなくお客さまや取引先さまのセキュリティを確保するために、日立グループ全体でPPAPを廃止することを決定しました。

*
「Password付きZIPファイルを送ります、Passwordを送ります、Angoka(暗号化)Protocol(プロトコル)」の略称