ページの本文へ

Hitachi

メニュー

ひたちなか総合病院

Hitachiなか

皆さま こんにちは!
【Hi☆Tachiなか】では、ひたちなか総合病院に勤務している看護師が、各部署の紹介や日々の出来事、ひたちなか総合病院の雰囲気や取り組みを分かりやすくお伝えしていきます。



Hi☆tachiなか

 みなさんこんにちは。新年度になり新人看護師が入職してきました。実習や国家試験を乗り越えて看護師になり、期待や不安、さまざまな思いを抱いていることと思います。
 当院では、新卒者の入職後3~4日間は病院全体の新入職員導入教育が実施されます。その後は看護局内の新人集合研修を7日間前後実施します。看護局の集合研修は、「看護局の概要」、「看護師としての心構え」などの座学から始まり、グループワークやシミュレーターを使用したデモンストレーションや実技など、様々な研修がプログラムに沿って実施されます。講師は看護師長や看護主任を中心に、認定看護師などのスペシャリストの力も借りながら、わかりやすく楽しい研修をめざしています。

Hi☆Tachiなか

Hi☆Tachiなか

 研修が始まった頃は、緊張した面持ちだった新人看護師たちも、最終日を迎えるころには笑顔も増えて、グループワークでも積極的に意見を出し合えるようになっています。この期間で新人同士のコミュニケーションをはかり、団結力も育っていきます。各部署に配属された後も、同期は大切な存在になります。支え合い切磋琢磨しながら新社会人の大切な時期を乗り越えていってほしいと思います。
 4月中旬に部署へ配属された後は、部署内トレーニングを2週間弱実施し、実技の演習や業務上のルールや運用の説明、看護補助者研修などを実施します。
 5月に入った現在は、先輩と一緒に患者さんを担当しケアや処置についています。今は先輩についていくこと、教わったことを覚えることに必死な新人さんたちも、1年を過ぎるころにはあっという間に先輩看護師です。患者さんやご家族、先輩看護師、多職種の方々、1つ1つの出会いを大切にして、社会人として、看護師として成長していってほしいと思います。一緒にがんばりましょう。

担当:島田

Hi☆Tachiなか