ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Incdent Response Team

チェックしておきたい脆弱性情報 <2017.01.02>

更新日:<2017.01.04>

(C01) Mozilla

Thunderbird 45.6 リリース (2016/12/28)

Thunderbird 45.6 では、任意のコード実行を許してしまう脆弱性、サービス不能攻撃、情報漏洩、セキュリティ機構の迂回を許してしまう脆弱性など、1 件のセキュリティアドバイザリに含まれる計 10 件の脆弱性を解決しています。

(S00) 日立製品

JP1/Cm2/Network Node Manager i (2016/12/28)

統合システム運用管理 JP1 でネットワーク管理機能を提供する JP1/Cm2/Network Node Manager i には、任意のコード実行を許してしまう脆弱性 (CVE-2016-4397) が存在します。

(S10) Ruby

Ruby 2.4.0 リリース (2016/12/25)

Ruby 2.4.0 は、バグの修正や改善を目的としたリリースで、ハッシュテーブル実装上の改善、整数クラス Fixnum、Bignum の Integer クラスへの統合、性能改善などを施しています。セキュリティアップデートは含まれていません。


担当:寺田、大西/HIRT