ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

XMAP3:ソリューション・関連製品:帳票のFAX送信

FAX送信製品との連携

「FAXクラウドサービス C-FaCS」と連携したFAX配信

XMAP3帳票を取引先へ自動的にFAX配信でき、配信履歴の確認はWeb画面から簡単に行えます。

「FAX SERVER SYSTEM」と連携したFAX配信のイメージ図

PDF帳票のファイル名をFAX番号にするだけで、その番号に帳票をFAX送信できます。
Web画面で送信履歴を確認することが出来ます。

ASPサービスを利用

ASP型「e-帳票FAXサービス」と連携したFAX配信

ASPサービスにより初期コストを抑えつつ帳票を自動FAX配信でき、FAX配信に関する業務の効率化を支援します。

ASP型「e-帳票FAXサービス」と連携したFAX配信のイメージ図

作成したPDF帳票を添付してFNXセンターにメールを送信すると任意のアドレスに帳票をFAX送信できます。
特定のソフトウェアで環境構築する必要がないので、初期コストを抑えたFAX配信ができます。

パッケージ製品との連携

「まいと〜く Center Hybrid」と連携したFAX配信

任意のフォルダに格納されたPDFファイルと、送信情報のCSVファイルを準備するだけで、FAXを自動配信できます。

「まいと〜く Center Hybrid」と連携したFAX配信のイメージ図

FAX送信のための特別なフォルダを設ける必要がなく、FAXの送信情報をCSVファイルで指示できるので、PDF帳票の管理と自動配信を同時に行うことができます。