ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Hitachi Report for SPAとは

Hitachi Report for SPAは、数多くの企業が利用しているウイングアーク1st株式会社の帳票管理・活用ツール「SPA」を日立のブランド「Hitachi Report for SPA」として提供するものです。以下、「Hitachi Report for SPA」を「SPA」と称します。「SPA」に日立の総合力を生かした全方位からのサポート「日立サポート360」を併せて提供することで、ハードウェアからOS、ミドルウェア、ネットワークまでワンストップで問題解決を支援します。

日立サポート360のイメージ

SPAは、OCRと自動登録・仕分けによるデータエントリ業務効率化や、(原本を保持したマスク機能など)セキュアなPDF帳票利活用などに適用可能な製品です。

SPAイメージ

Hitachi Report for SPAの機能

選択可能なOCRエンジン

SPAは、活字文字、手書き文字などの読み取る文字の特性に応じたOCRエンジンを選択することができます。1つの文書の中で複数のOCRエンジンを混在させることも可能です。

選択可能なOCRエンジン
OCRエンジン ABBYY FineReader Engineのロゴ画像
ABBYY
FineReader Engine
WingArc Data Captureのロゴ画像
WingArc
Data Capture
DEEP READのロゴ画像
DEEP READ
Tegakiのロゴ画像
Tegaki
特徴
  • 200カ国以上の国で5,000万人以上が使用する実績
  • 受賞歴のあるOCRテクノロジー
  • OCRで20年以上の実績から得た専門知識をもとに作成されたエンジン
  • 自社開発AIベースOCRエンジン
  • 他エンジンでは補えない部分を対応できるよう強化開発中
  • AIで手書きをテキスト化
  • 読み取りデータが罫線に囲まれていてもデータ化が可能
  • 文字種の指定
  • 名前の通り手書きに強いOCR
  • OCR認識率99.2%
  • 多言語対応・業界用語対応
  • 多様な文字を読み取れる高い利便性
  • 文字種の指定
提供形態 標準提供 標準提供 製品化調整中 オプション(有償)
日立ソリューションズ経由で手配ください
主な用途 活字文字 活字文字
チェックボックス
丸囲い
手書き文字 手書き文字

文書の自動登録

SPAは豊富な文書の取り込み方法を用意しています。コマンド起動やWebAPIの直接取込み方法に加え、Loader機能により他システムから出力されたPDFファイルや画像ファイルをSPAに自動的に取込み振り分ける機能を提供します。

イメージ図:文書の自動登録

文書の自動仕分け

文書の自動仕分けで業務効率の向上ができます。Loader設定での文書取込みでは文書を仕分けして保管が可能です。例えば、帳票を見ながら振り分けとフォルダ作成なども可能な為、自動化による仕分け作業費等を大幅に削減する事が可能となります。また、仕分けの設定はGUI画面で設定するので面倒なプログラミングが不要です。

イメージ図:文書の自動仕分け

原本を保持したマスク機能

SPAでは、透かし、墨消し、暗号化などのマスク機能を原本を保持したまま実行できます。透かしはプレビュー時や印刷時など文書を参照する場面に応じて設定することが可能です。墨消しは文書の取込時に全ページへマスクを適用したり、取込後に手動で任意の文書やページへ適用したり、検索後に検索キーワードに適用したりと、運用に合わせた設定が可能です。PDFファイルのダウンロードおよび印刷時の暗号化、パスワードによる保護、印刷や編集の制限などを付与できます。

イメージ図:原本を保持したマスク機能

PDF文書へのセキュリティ設定

SPAではGUIでPDF文書へのセキュリティ設定ができます。情報漏えい防止のため、ダウンロードしたPDF文書に文書を開くパスワードや印刷の不可などのセキュリティ設定を行えます。設定はプログラムの記載ではなく、GUI画面で行います。

イメージ図:PDF文書へのセキュリティ設定