ページの本文へ

Hitachi

openshift サービス

特徴・メリット

コンテナ技術を活用した業務システムの開発・実行基盤を提供します。お客さまビジネスの迅速なリリースを実現可能です。

  • 必要な時に、すぐにデプロイして即時に利用可能です。開発者一人ひとりがテスト環境をすぐに使えます。
  • ミドルウェア+アプリケーションをひとかたまりにしてデリバリ可能です。開発環境で検証済みのシステムをそのまま本番リリースできます。
  • システムのオンプレミス、クラウド間の持ち運びが簡単です。オンプレミスのリソース不足時にクラウドにスケール可能です。

コンテナ化の特徴とメリット

オンプレミスからプライベートクラウド、パブリッククラウドまでハイブリッドに対応可能です。

  • マイクロサービス化により分割したアプリケーションをコンテナとしてパッケージングできます。パッケージングしたコンテナは環境を問わず利用可能なため、開発環境はパブリッククラウド、本番環境はオンプレミスなど開発プロセスごとに最適な環境を選択できます。
  • マルチテナントに対応し、テナント毎にリソース分離、アクセス制御できますのでマイクロサービスの実現に役立ちます。

オンプレからプライベートクラウド、パブリッククラウドまでハイブリッドに対応可能です。

開発から運用までのライフサイクルを短縮できます。

  • アプリケーションのビルドからデプロイまでの自動化により、開発を迅速化できます。
  • JenkinsなどのツールによるCI/CD(継続的統合/継続的デプロイ)環境を利用できます。

開発ライフサイクルを短縮できます。

日立ならではの特徴

コンテナ基盤全体をワンストップでサポートできます。

  • Red Hat OpenShift Container Platformは、サポートサービス「日立サポート360」として提供します。
    日立サポート360」では、Kubernetes単体のみならず各種ツール連携を含めたコンテナ基盤全体をワンストップでサポートします。

多様なインフラ環境を統合管理できます。

    JP1」との連携により、業務、コンテナ、既存システムを含むITシステム全体の稼働状況を容易に把握でき、IT基盤の運用管理を 効率化できます。障害発生時はJP1/IM2が検知して、JP1/OAが原因究明や影響範囲の特定を支援します。

    多様なインフラ環境を統合管理できます。

VMware仮想化環境にてコンテナを簡単利用できます。

    日立HCIソリューション」との連携により、多くのお客さまにご利用いただいているHCI環境(VMware vSAN)で「Red Hat OpenShift Container Platform」が利用可能です。
    コンテナの実行環境がすぐに利用できますので、新規ビジネスを素早くスモールスタートし、ビジネス状況に応じて柔軟に拡張していきたい、といったニーズにおすすめです。

    VMware仮想化環境にてコンテナを簡単利用できます。

アプリケーション開発・実行環境の可搬性向上

    Cosminexus」およびRed Hat Kubernetes Operatorとの連携により、複雑なシステムの構築〜運用自動化を実現し、システムの可搬性を大きく向上できます。

    日立のミドルウェア「Cosminexus」が、この度、Red Hat Kubernetes Operator Project対応を表明

製品に関するお問い合わせは下記Webフォームまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示