ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

帳票ツール uCosminexus EUR V8:移行情報

EURV7とuCosminexus EUR V8の製品体系の違いについて

EUR V7のオプション製品を整理統合し、uCosminexus EUR V8 からよりシンプルでわかりやすい製品体系になりました。
そのEURV7と、uCosminexus EUR V8の製品体系の違いについてご紹介します。

旧製品からの移行について

EUR V7からuCosminexus EUR V8への移行パスについて

uCosminexus EUR V8 では、EUR旧製品(〜V7)のオプション製品を整理統合し、製品体系を変更しました。EUR旧製品(〜V7)からuCosminexus EUR V8へ移行する際の移行パスについてご紹介します。

EURV7、EURV5以前の製品からV8へ バージョンアップおすすめポイント

旧EUR製品から、新しい製品体系となったuCosminexus EUR V8へ移行する際の、おすすめポイントのご紹介です。uCosminexus EUR V8製品へのバージョンアップご検討にお役立てください。

EURV3、V4、V5、V7からuCosminexus EUR V8への移行について

  • * EURV3、V4、V5、V7からV8へ移行する際の製品体系差異、互換性、注意事項について説明しています。

移行に関するその他の情報

【移行チェックツールのご紹介】

体験版に同梱されている「移行チェックプログラム」により、V3、V4のEUR Professional Editionで作成した帳票定義ファイル(フォームシートファイル(*.fms)、または、レポートファイル(*.agr))がEUR V5以降で使用できるか簡単にチェックできます。


【マニュアル】

各マニュアルにも互換性に関する情報が掲載されていますので、「オンラインマニュアルをご利用になる前に」をご一読の上、下記「オンラインマニュアル一覧」よりご参照ください。

  • 「帳票システム構築支援 uCosminexus EUR  uCosminexus EUR 帳票設計」の項番17「帳票設計の注意と互換性」
  • 「帳票システム構築支援 uCosminexus EUR  uCosminexus EUR クライアント帳票出力」の項番10「帳票出力の互換性」
  • 「帳票システム構築支援 uCosminexus EUR  uCosminexus EUR サーバ帳票出力」の項番10「帳票出力の互換性」
  • 「帳票システム構築支援 uCosminexus EUR  uCosminexus EUR Print Manager 帳票出力」の付録A 「旧バージョンとの互換性」と付録E 「EUR Print Managerと対応する各製品のバージョン」

移行情報 FAQ

上位互換やagrの扱いなど、製品移行に関するFAQをこちらにまとめて掲載しております。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • * 本ページの掲載情報は、2016年11月現在の情報です。