ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

帳票ツール uCosminexus EUR V8:特徴

uCosminexus EURは、経営のスピード化や度重なる業務改善で発生する帳票を簡単に作成し、業務要件に合わせて帳票を出力できる帳票システム構築支援ツールです。
作成される帳票は帳票書式(帳票レイアウトの各種定義情報(*.fms))と帳票に読み込むデータで構成されたシンプルなファイルであり、帳票作成から出力・運用に至る各フェーズ(開発フェーズ⇒開発環境)、(出力・運用フェーズ⇒実行環境)で効果的に機能いたします。

uCosminexus EURの特徴 さまざまな帳票デザインに対応 基本操作はシンプルで覚えやすい 手元にある帳票資産を活用 リソースを上手に活用して帳票出力 帳票の困ったを解決する各種ソリューション 外字対応強化 オープン化・グローバル化に対応 多様化する帳票出力ニーズに対応

ではここで帳票について整理してみましょう。帳票とは、以下の性質を持つ書類・文書のことをいいます。

  • 業務上のやりとりで発生する記録や取引の証拠
  • 時系列や項目ごとに整理された管理表
  • 情報を伝達・通知するために発行する文書 など

このような書類・文書は一般的に相手に正確に情報を伝える必要性があるため、帳票デザインに高い要求が求められるのです。

  • 書式やレイアウトへの厳しい決まり
  • 罫線などを駆使して美しく見やすいレイアウト

そのため、目的、内容、相手に応じて、多数のフォーマットが存在し、取引先や業務内容によって数100〜1000種類の帳票を取り扱う場合があるのです。しかし、これらの帳票作成や修正に時間をかけるゆとりはありません。また、既設システムとの連携でも影響範囲をできるだけ抑えて、帳票システムを構築しなければなりません。

uCosminexus EURは、帳票システムと連携する各業務システムへの影響を最小限に抑えながら、柔軟に拡張でき、現場のユーザニーズや経営環境の変化に即応した「変化に強い帳票システム」を最適なコストとスピードで予算に合わせて段階的に構築できます。

多様なビジネス・シーンに合わせて帳票システムを構築するなら、帳票システム構築支援 uCosminexus EURを是非お勧めいたします。お客様の帳票出力ニーズに合わせて、お役立てください。

  • * 本ページの掲載情報は、2016年11月現在の情報です。