ページの本文へ

Hitachi

帳票基盤Hitachi Report for SVFシリーズ

帳票ツール EUR V11:前提ソフトウェア

EURを使用する際の前提ソフトウェアを機能別に掲載しています。

Word/Excel文書の変換機能を使用する場合

Word文書の場合

  • Microsoft® Word 2019 または、
    Microsoft® Word 2016 または、
    Microsoft® Word® 2013 または、
    Microsoft® Word® 2010 または、
    Microsoft® Office Word 2007

Excel文書の場合

  • Microsoft® Excel® 2019 または、
    Microsoft® Excel® 2016 または、
    Microsoft® Excel® 2013 または、
    Microsoft® Excel® 2010 または、
    Microsoft® Office Excel® 2007

PDF形式ファイルを閲覧・印刷する場合

  • Adobe® Reader® 9 以降

Excel形式ファイルを閲覧・印刷する場合

  • Microsoft® Office Excel® 2007 または、
    Microsoft® Excel® 2010 または、
    Microsoft® Excel® 2013 または、
    Microsoft® Excel® 2016

EUR Web Plug-Inコンポーネントを使用する場合

  • Microsoft Edge(Chromium版)*1
  • Windows® Internet Explorer® 11 デスクトップ版
*1
IEモードを使用することが前提です。

帳票管理GUIを使用する場合

  • Windows® Internet Explorer® 11 デスクトップ版

帳票管理GUIサービス/配送サービスを使用する場合

  • EUR Application Service*1 または、
    Java™2 Platform Standard Edition Development Kit 5.0
*1
Windows版 EUR Server Enterprise または EUR Developer をインストールする時に一緒にインストールされます。

LDAP認証を使用する場合

  • LDAPv3に準拠したLDAP製品(Active Directory など)

BSP-RMと連携する場合

  • BSP-RM for Windows 1.6.6以降

監査ログを管理・閲覧する場合

  • P-2W42-7DA4 JP1/Audit Management - Manager 10-00 以降

IT Report Utility(システム情報採取ツール)と連携する場合

  • P-241Z-1111 IT Report Utility/システム情報採取ツール 02-01 以降 または、
    P-1B1Z-1111 IT Report Utility/システム情報採取ツール 02-00 以降 または、
    P-1M1Z-1111 システム情報採取ツール 01-10 以降 または、
    P-9S1Z-1111 システム情報採取ツール 01-02 以降

ILF Powered /Exと連携する場合

  • R-15213-A5 EUR:イーユーアール Print Service for ILF 05-06 以降

COBOL連携情報作成ツール*1を利用する場合

  • P-2436-9E34 COBOL EUR 連携ライブラリ 01-00以降 または、
    P-2936-9E34 COBOL EUR 連携ライブラリ(64) 01-00以降
*1
EUR Designer または EUR Developerをインストールする時に一緒にインストールされます。