ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

 

1999年10月7日

学校向け証明書自動発行システム
「スチューデンツステーション」を販売

−設置面積で40%、重量で45%の削減を実現、さらに証明書の発行時間を約1/2に短縮−

日立製作所は、大学/短大、専門学校を対象に、学割証、在学証明書をはじめとする各種証明書の自動発行を行う証明書自動発行システム「スチューデンツステーション」を10月8日から発売します。本製品は、当社が平成4年より発売し、改良を重ねてきた証明書自動発行システムを小型、軽量、高性能化したもので、学内システムのキーコンポーネントとしてキャンパスの情報化に寄与するべく発売するものです。

学校経営をめぐる環境は、少子化にともなう学生数の減少や大学経営のスリム化など、厳しい局面を迎えており、各学校では、職員などの業務効率の向上や、新規学生獲得のための学生サービスの充実など多くの課題に直面しています。当社では、こうした課題の解決のためには、キャンパスを情報化し、よりスピーディで、コストパフォーマンスの高い情報システムの実現が必要と考えております。

「スチューデンツステーション」では、学内システムにおけるユーザインターフェイスの親和性を重視し、OSにWindowsNT ®を採用しています。当社が従来取り扱ってきた証明書自動発行システムと比べ、設置面積で40%、重量で45%の削減を実現しました。また、キャンパスカラーやロゴシール、プライバシー保護を図る専用ブースの設置などにより、キャンパスにあった設置環境の演出を図ることが可能です(オプションにて対応)。さらに、証明書の発行時間も従来機の約1/2に短縮し、本体にストックできる証明書用紙枚数も大幅にアップしました。
この度の性能強化は、就職活動時期など証明書発行業務の繁忙期における学生の待ち時間を大幅な削減を目指しています。従来機ではサポートしていなかった5千円札、1万円札などの高額紙幣の取り扱いやバイリンガル機能、ICカードインタフェースなど、サービス面/運用面でも各学校や学生の使い勝手の向上を図っています。
また、すでに導入している学務情報システムの情報資源を有効活用するために、接続仕様を公開しており、当社の学務情報システム「UCTIA/PC」のみならず、他社システムとの接続が容易であり、学務事務の効率化を実現します。

当社では、平成14年までにマーケットシェア50%を目指し、これまでの直販系営業販売に加え、全国の関連販売会社などとの提携を強化し、全国拡販を展開します。今後、キャンパスの情報化に関連した製品を順次提供していきます。

本製品の主な特長

1.高速化・小型化・軽量化

  • 就職活動時期など証明書発行業務の繁忙期における待ち時間を大幅に削減できます。(従来機と比べ、約半分の待ち時間)
  • 家庭用洗濯機とほぼ同じ設置面積まで小型化し、ロビーや、カウンターの横、廊下など少スペースでのサービスが可能です。(従来機と比べ、設置面積40%削減、重量45%削減)

2.国際化対応(バイリンガル機能)

外国人留学生向けに英字画面表示だけでなく音声による英語ガイダンス機能をサポートし、キャンパスの国際化に対応します。 外国人学生にもわかり易い操作環境を提供します。

3.バリアフリー対応(点字表示およびハンドセット(音声ガイダンス)を搭載(オプション))

バリアフリーを意識し、点字表示ガイダンスの設置や、ハンドセットによる音声ガイダンスの搭載。
また、タッチパネルの位置を下げるなど、車椅子利用者が容易に操作できるようにしています。

4.運用に合わせた製品ラインナップ

現金徴収が必要のないものから高額紙幣を取り扱うものまで、運用に合わせ三つのモデルを用意しています。
Model IIIでは、高額紙幣(1万・5千円札)の取り扱いも可能となり(最大格納数300枚)、両替機を必要とせず、高額料金の徴収にも対応できます。

[イメージ]左側:Model1 現金レスモデル、真ん中:Model2 低額現金対応モデル、右側:Model3 高額現金対応モデル

価格例(model I スタンドアロン)

最小構成価格
スチューデンツステーション一式
本体:HT−2406−011
サーバソフト:UCTIA/PC−SSSV
クライアントソフト:UCTIA/PC−SSCL
データベースソフト:Microsoft ® SQL Server 7.0
帳票用ソフト:Microsoft ® Excel 2000
OS:Microsoft ® WindowsNT ® 4.0
550万円

出荷時期

平成12年2月

添付資料

主な特長

1.接続形態別システム構成例
(1)他社事務システムまたは当社学務情報システム「UCTIA/PC」との接続

[イメージ](1)のシステム構成図

(2)マルチモニタ/マルチサーバ接続

[イメージ](2)のシステム構成図

2.仕様

項番 項目Model I
(現金レス)
Model II
(低額現金対応)
Model III
(高額現金対応)
1制御装置CPU350MHz
2内蔵装置HDD:6.4Gバイト、3.5インチFDD、CD−ROM、10/100BASETX
3 無停電電源装置あり
4操作部ディスプレイ15インチカラーTFT液晶ディスプレイ
5入力方式タッチパネル
6音声ガイダンスあり
7フリッカ表示あり
8顧客センサーあり
9磁気カード
(手動)
読取方式マニュアル操作 往方向
10適用媒体JIS II型
11 磁気カード
(自動)
読取方式 自動吸入/自動排出(JIS II型)
12 回収機能 あり
13 ICカード 読取方式 自動吸入/自動排出(ISO 7816(JISX6303))
14 回収機能 あり
15 レシートプリンタ 印字方式 - サーマル方式(ANK,漢字(JIS I/II)
16 ウィークリー タイマー 年間カレンダーとの併用で自動運転が可能
17 証明書/
学割印字
印字方式 レーザビーム方式
18 印字文字種 ANK,漢字(JIS I/II)
19 用紙サイズ 証明書(A4、B4、B5)、学割証(B7)
20 最大給紙容量 証明書1250枚(3段カセット)、学割300枚
21 朱印 印字方式 サーマル方式
22 現金部 紙幣:1,000円
硬貨:500、100、50、10円
紙幣:10,000円、5,000円、1,000円
硬貨:500、100、50、10円
23 基本OS WindowsNT4.0
24 外形寸法(W×D×H) 650×750×1350mm 900×750×1350mm
25 質量 約240kg 約250kg 約300kg
26 電源 AC100V±10% 単相50/60Hz±1Hz
27 消費電力 約1.5KVA

以上

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ