ページの本文へ

日立製作所女子陸上競技部

Hitachi

2017年 更なる成長へ

「第33回 FUKUIスーパーレディス駅伝」を振り返って − TOPICS

第1区 / オバレ ドリカ選手

第1区 / オバレ ドリカ選手

今回、急遽出場することになった福井レディス駅伝。私としては予選落ちしたプリンセス駅伝の悔しい思いと、今回で幕を閉じる駅伝であること、また自分自身としても多くの思いを持って臨んだ大会でした。以前、一区を走って区間賞を獲った時と同様にスタート直後から自分のペースで走ることを決めていて結果区間賞を獲ることが出来て嬉しかったです。チームとしても少し自信を取り戻せました。次は3月の松江ハーフマラソンをめざして頑張ります。

第2区 / 小井戸 涼選手

第2区 / 小井戸 涼選手

応援ありがとうございました。今回2区を走らせてもらいました。予選会で負けた悔しさをバネに1秒でも速くという気持ちで走りました。一旦は抜かれましたが、冷静に対応してラスト1kmで切り替えて引き離し、襷を繋げたので良かったと思います。しかしまだまだ力不足で課題もたくさんあり、今年は最短区間しか走ってないので、来年は最長区間を走ってチームに貢献し、予選通過できるように頑張りたいと思います。

第3区 / 田山 満理選手

第3区 / 田山 満理選手

今回、2度目の福井レディス駅伝を走らせて貰いました。結果的には2位という結果でしたが、トップで走る事が出来たのはチームとしても個人としても自信となりました。また、最後の福井レディス駅伝という事で感慨深い駅伝になりました。個人としてもまだまだ課題もあるので、今回の経験を生かしてさらにステップアップ出来るように頑張ります。

第4区 / 小澤 夏美選手

第4区 / 小澤 夏美選手

今回の駅伝は、予選会で力を出し切れなかった分、リベンジする気持ちで臨みました。区間順位もタイムも納得できるものではありませんでしたが、先頭に出て襷を繋ぐという最低限の走りをすることができました。最後まで諦めずに積極的に走れたことで自信がつきました。今回の駅伝をきっかけにして今以上に調子を上げていき、今後のレースでいい走りができるように頑張ります。

第5区 / 鈴木 千晴選手

第5区 / 鈴木 千晴選手

今回の駅伝は予選会で悔しい想いをしたので、来年へ向けて再スタートをするレースとして意気込みを持って走りました。過去の順位を上回る2位でゴールできたことはチームにとって自信になったと思います。個々に力を更につけてこれからのレースに挑みたいと思います。応援ありがとうございました。

第6区 / 伊坂 菜生選手

第6区 / 伊坂 菜生選手

今回は予選会の悔しさをバネにチームみんなで2位を取ることができました。本当はチームが先頭で持ってきてくれた襷をそのままの順位でゴールしたかったのですが、それができず自分の力不足を実感しました。今回の先頭争いができたという事を一つの自信にして、これからは自分の弱さを克服できるように練習に取り組み、来年の予選会は今年と同じ思いをしないように頑張りたいと思います。これからも応援をよろしくお願いします。

コメントの一覧はこちら