ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

Windows Server 2003情報

Windows Server 2003 環境でWindows Management Instrumentation(WMI)のクラスが足りない場合がある現象について

現象および影響

Windows Server 2003環境でWMIクラスがいくつかOSに正しく登録されていない場合があります。
本現象は、Windows Server 2008適用環境では発生しません。
WMIスクリプトを利用してパーフォーマンスを監視できないなどの影響があります。

現象の確認方法

以下手順を実施し現象に該当しているか確認してください。
(1) 管理者でWindowsにログオンし、スタートメニューから[コマンドプロンプト]を開きます。
(2) 以下のコマンドを実行します。
wmic /namespace:\\root\cimv2 class Win32_PerfRawData_PerfProc_Process
"利用できるインスタンスがありません。"と表示された場合、以下対応が必要になります。
Win32_PerfRawData_PerfProc_Processクラスに関する情報が表示された場合、現象に該当していないので対応は必要ありません。

対象ソフトウェア

  • Windows Server 2003 R2, x64版
  • Windows Server 2003 R2, 32ビット版
  • Windows Server 2003 x64版
  • Windows Server 2003 32ビット版(SP1)
  • * Windows Server 2003 R2インストール代行サービス付きモデルも対象となります。
  • * 本現象は、Windows Server 2008適用環境では発生しません。
  • * 本現象は、お客様でOSを再インストールした場合は発生しません。

対象となるシステム装置について

対象Windows Server 2003 R2プレインストールモデル

BladeSymphony BS320 Xeonサーバブレード
C51x3

HA8000シリーズ
2005年12月(xD)販売モデル
2007年11月(xG)販売モデル、2008年5月(xH)販売モデル

対象Windows Server 2003 R2インストール代行サービス付きモデル

BladeSymphony BS2000 Xeonサーバブレード
E55x1

BladeSymphony BS1000 Xeonサーバブレード
A51x4

BladeSymphony BS320 Xeonサーバブレード
C51x3、C51x4

HA8000シリーズ
2008年12月(xH)販売モデル

対策完了済みWindows Server 2003 R2インストール代行サービス付きモデルの出荷時期

BladeSymphony BS2000 Xeonサーバブレード
E55x1:2009年7月生産分より

BladeSymphony BS1000 Xeonサーバブレード
A51x4:2009年7月生産分より

BladeSymphony BS320 Xeonサーバブレード
C51x3、C51x4:2009年7月生産分より

HA8000シリーズ
2008年12月(xH)販売モデル:2009年9月生産分より

  • * Windows Server 2003 R2インストール代行サービス付き全モデルでの対策となります。

対策方法について

必要に応じて以下手順を実施ください。
回復手順実施中は、WMIサービスを利用しているアプリケーションやサービスが一時的に使用できません。

回復手順

(1) 管理者でWindowsにログオンします。
(2) [スタートメニュー] - [管理ツール] - [サービス] から、"Windows Management Instrumentation" サービスを停止します。
サービスを停止時にWMIを使用する他のサービスを一緒に停止するか聞かれる場合があります。他のサービスを一緒に停止するか聞かれた場合は、それらサービスも一緒に停止してください。
(3) スタートメニューから[コマンドプロンプト]を開きます。
(4) コマンドプロンプトで、wmiadap /fコマンドを実行します。
(5) コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。
cd %SystemRoot%\system32\wbem
mofcomp /AUTORECOVER scm.mof
(6) OSを再起動します。

修正の確認手順

(1) 管理者でWindowsにログオン、スタートメニューから[コマンドプロンプト]を開きます。
(2) 以下のコマンドを実行します。
wmic /namespace:\\root\cimv2 class Win32_PerfRawData_PerfProc_Process

Win32_PerfRawData_PerfProc_Processクラスに関する情報が表示されれば、問題は解決しています。

日立アドバンストサーバ HA8000シリーズ