ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

現象

Windows Server 2008の標準ネットワーク機能のSNP(Scalable Networking Pack)が有効設定の場合、Windows Server 2003-Windows Server 2008間の通信時にのみ、ネットワーク性能が低下します。
なお、本現象はWindows Server 2008のSNP機能が無効の場合は発生しません。

対象ソフトウェア

  • Windows Server 2008 Standard Edition 日本語版
  • Windows Server 2008 Enterprise Edition 日本語版
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V 日本語版
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V 日本語版

対象ハードウェア

対象ハードウェア
  モデル名 形名
BladeSymphony BS1000 A3/A4/A4B GVxA51Ax-xxxxxxxx
BladeSymphony BS320 A1/A2/A3/E3 GGxC51A1-xxxxxxx
GGxC51A2-xxxxxxx
GGxC51x3-xxxxxxx
HA8000/HA8000-es RS440 GQxR44AH-xxxxxxxx
RS220 GQxR22AH-xxxxxxxx
GQxR22BH-xxxxxxxx
GQxR22CH-xxxxxxxx
GQxR22DH-xxxxxxxx
RS210 GQxR21AH-xxxxxxxx
GQxR21BH-xxxxxxxx
GQxR21CH-xxxxxxxx
RS110 GQxR11AH-xxxxxxxx
GQxR11BH-xxxxxxxx
GQxR11CH-xxxxxxxx
TS20 GQxT20AH-xxxxxxxx
GQxT20BH-xxxxxxxx
GQxT20CH-xxxxxxxx
GQxT20DH-xxxxxxxx
TS10 GQxT10AH-xxxxxxxx
GQxT10BH-xxxxxxxx
GQxT10CH-xxxxxxxx
GQxT10DH-xxxxxxxx

対象となるプレインストールモデルの出荷時期

BladeSymphony BS320においては2008年7月8日頃、HA8000シリーズにおいては2008年5月31日〜2008年6月27日に出荷されたWindows Server 2008プレインストールモデルではSNP機能が有効で設定されています。

  • * HA8000 1プロセッサならび4プロセッサモデルは初期出荷時から対策適用済です。

対象となるSystemInstallerのバージョン

以下のSystemInstallerのバージョンでWindows Server 2008をインストールした場合、SNP機能は有効で設定されます。

  • BladeSymphony BS320: 13-00,13-01
  • HA8000シリーズ: 1H-00

発生条件について

Windows Server 2008のSNP機能が有効設定のネットワーク環境において、 Windows Server 2003(SP1,SP2)からWindows Server 2008へ、ドラッグアンドドロップにてファイルコピーをする場合、およびWindows copyコマンドでファイルコピーをする場合に発生します。
なお、Windows Server 2008からWindows Server 2003(SP1,SP2)へのファイルコピー、およびWindows Server 2008間でのファイルコピーでは発生しません。

対策方法について

SNP機能のOSレジストリの設定項目を、有効から無効への設定変更を対策とします。(*1)
無効化する設定項目は、以下の二つです。

regeditツールにて

“HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters”
値:EnableTCPA=1から0に変更します。

コマンドプロンプトにて

C:>netsh interface tcp set global rss=Disabledを実行します。
設定変更後、システム装置を再起動します。

*1
BladeSymphony適用時には、LAN2重化設定のまま適用可能です。

HA8000シリーズにおいては2008年6月30日以降、BladeSymphony BS1000は2008年6月25日以降、BladeSymphony BS320は2008年7月8日以降に出荷されるWindows Server 2008プレインストールモデルとSystemInsatllerについてはSNP機能を無効に設定します。
なお、[対策方法について]記載内容をモジュール化した設定ツールを7月上旬に掲載いたします。

参考情報

SNP機能についてはMicrosoft社のページを参照してください。