ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

マイクロソフト社と共同で実施した、マイクロソフトサーバ製品の事前評価・検証ホワイトペーパーを公開いたします。

ホワイトペーパー

Windows Server® 2012

資料名 登録日

 日立アドバンストサーバHA8000 シリーズと各種ストレージ製品を用いて SQL Server 2014 AlwaysOn可用性グループの機能を検証し、性能を測定致しました。 これらの結果を分析した内容に基づき、SQL Server 各機能と各種ドライブとの 組み合わせにおける有効性を解説致します。

2014年8月

 NICチーミングは複数のNICを束ねて論理的な単一のNICとして構成し、冗長化と負荷分散を実現する機能です。Windows Server® 2012 ではNICチーミングがOSの標準機能としてサポートされました。本書では、この機能のHyper-V環境における特徴について解説致します。

2013年9月

 Hyper-V 仮想ファイバー チャネルは Windows Server® 2012 のHyper-Vに搭載された新機能です。Hyper-V仮想マシンに直接FC-SANを接続する機能で、既存のファイバー チャネルのインフラを仮想化されたワークロードにも活用することができます。本書ではこの新機能の特徴について解説致します。

2013年8月

Windows Server 2008/2008 R2/Hyper-V

資料名 登録日

 SC2012VMMの新機能であるクラスタ対応により、仮想化システム管理の要であるVMM管理サーバーを冗長化して可用性を向上することができます。この新機能を検証し、構成のポイントとフェールオーバー発生時の動作について解説しました。

2012年5月

 System Center Virtual Machine Manager 2012(RC版)で提供される動的最適化機能動的を利用し、Hyper-V2.0上に構成される仮想化されたクライアント環境を安定してユーザーに提供するための検証を実施した結果をまとめました。

 補足:System Center Virtual Machine Manager 2012(RC版)は マイクロソフト社より製品化発表後 System Center 2012 Virtual Machine Managerと改名されています。

2012年4月

 10Gb iSCSI対応のサーバーおよびストレージ装置を用いて、Hyper-Vにおけるファイルサーバーの性能検証を実施しました。FC接続と比較して性能劣化が懸念されていたiSCSI接続において、10Gb iSCSIでの性能について検証しています。

2011年9月

 物理マシンのメモリリソースが不足してしまい、仮想マシンの集約率が上がらない課題に対してWindows Server 2008 R2 SP1では、Dynamic Memory機能がサポートされ、仮想マシンの集約率向上を通して実現します。本ガイドラインでは、仮想マシンの集約率向上に着目し、仮想マシンの動的メモリ割り当ての動作ついて検証を実施し、運用上のポイントを解説します。

2011年4月

  Citrix XenAppをHyper-V 2.0上の仮想マシンに展開することで、 サーバーリソースの有効活用が期待できます。仮想マシン上のCitrix XenAppに対し、接続するユーザー数を増加させた場合の、サーバー負荷の 変化を測定します。

2011年2月

Hyper-Vにおける従来の可用性施策を補完する構成として、Hyper-Vのサーバー冗長化技術のひとつであるホストクラスタ構成と、JP1/Performance Managementによる監視機能、およびJP1/Integrated Management - System Center Virtual Machine ManagerによるHyper-V環境管理機能を組み合わせた構成について検証します。

2010年7月

 Hyper-V 2.0においては、仮想マシンのホスト間移行の方式において、ライブマイグレーション/SAN転送/ネットワーク転送の3つの移行方式がサポートされています。これらの移行方式に対して検証を実施し、それぞれの方式の特徴や有用性を確認します。

2010年10月

 Hyper-V 2.0を利用した仮想環境におけるSCDPM 2010による バックアップ運用検討に必要なサーバーリソースへの性能影響情報、運用考慮点を実機検証に基づき提供しています。

2010年7月

 Hitachi Dynamic Provisioning 機能(以下HDP)を利用し、仮想ハードディスクの形式を変え、性能・挙動の違いを検証します。※HDP とは「ボリューム容量仮想化機能」であり、ストレージ投資の最適化を実現することができます。

2010年2月

 Windows Server 2008 R2 におけるHyper-V の強化点の1 つに、ネットワーク性能の向上があげられます。FC 接続と比較して性能劣化が懸念されていたiSCSI 接続を、その強化点を意識し利用したHyper-V の挙動を把握します。

2009年10月

 Windows Server 2008 R2 では、新たにLive Migration機能が提供され、仮想マシンを停止することなく、オンラインのままフェールオーバーすることが可能になりました。適用時の運用への影響を検証します。

2009年10月

Office SharePoint Server 2007/2010

資料名 登録日

 SharePoint ServerをHyper-V V2上でCSV上で動作させることと、ライブマイグレーションによる運用への影響を検証します。

2009年10月

Exchange Server 2010

資料名 登録日

 SCDPM 2010によるExchange Server 2010のバックアップ運用検討に必要なサーバーリソースへの性能影響情報、運用考慮点を実機検証に基づき提供しています。

2010年6月

 Exchange Server 2010を導入するためのハードウェアキャパシティプランニング情報を実機検証を元に体系化しています。あわせて、旧バージョンからのメールボックス移行時間を検証することにより、移行設計時の参考情報を提供します。

2010年3月

JP1

資料名 登録日

 Hyper-Vにおける従来の可用性施策を補完する構成として、Hyper-Vのサーバー冗長化技術のひとつであるホストクラスタ構成と、JP1/Performance Managementによる監視機能、 およびJP1/Integrated Management - System Center Virtual Machine ManagerによるHyper-V環境管理機能を組み合わせた構成について検証します。

2010年7月

 Hyper-V環境とVMware環境を System Center Virtual Machine Manager 2008 R2で 一元管理する場合の課題を検証し、また、SCVMMをJP1ブランド化したJP1/IM - SCVMM および今後リリース予定のJP1/IT Resource Managerを含めた考え方について説明 しています。

2010年6月
2009年6月

System Center

資料名 登録日

 Hyper-Vにおける従来の可用性施策を補完する構成として、Hyper-Vのサーバー冗長化技術のひとつであるホストクラスタ構成と、JP1/Performance Managementによる監視機能、 およびJP1/Integrated Management - System Center Virtual Machine ManagerによるHyper-V環境管理機能を組み合わせた構成について検証します。

2010年7月

 Hyper-V 2.0においては、仮想マシンのホスト間移行の方式において、ライブマイグレーション/SAN転送/ネットワーク転送の3つの移行方式がサポートされています。 これらの移行方式に対して検証を実施し、それぞれの方式の特徴や有用性を確認します。

2010年10月

 Hyper-V 2.0を利用した仮想環境におけるSCDPM 2010による バックアップ運用検討に必要なサーバーリソースへの性能影響情報、運用考慮点を実機検証に基づき提供しています。

2010年7月

 SCDPM 2010によるExchange Server 2010のバックアップ運用検討に必要なサーバーリソースへの性能影響情報、運用考慮点を実機検証に基づき提供しています。

2010年6月

 System Center Virtual Machine Manager 2008 R2を利用し、 Hyper-V2.0とVMware vSphere 4を一元管理できることを検証します。既にVMwareを運用していて、これからHyper-Vも導入する予定のお客様、または、VMware環境をHyper-V環境に完全に移行するお客様を対象としています。

2010年3月