ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

Windows Server® 2016

Windows Server® 2016は、マイクロソフト社の最新のWindows Server OSです。
セキュリティ強化、サーバ効率の向上、クラウド環境への対応等の機能強化が行われています。
Windows Server® 2016の詳細につきましては、マイクロソフト社のサイトをご参照ください。

Windows Server® 2012 R2

マイクロソフトのクラウドOSビジョンの中核に位置するWindows Server® 2012 R2は、マイクロソフトがグローバルなクラウドサービス提供により培った最新テクノロジを取り込んでいます。
Windows Server® 2012 R2は、仮想化、記憶域、ネットワーキング、仮想デスクトップインフラストラクチャ、アクセスおよび情報の保護などの面において、優れた多くの新機能および強化機能を提供します。

Windows Server® 2012

Windows Server® 2012は、クラウド基盤としての柔軟性、スケーラビリティ、保守性が強化されています。
従来のWindows®上に構築された資産を継承しつつ、新しいプラットフォームとして、クラウドを活用する将来のIT革新に備えることが可能です。組織は、ビジネス ニーズとIT技術の進化に合わせて、従来の物理サーバ環境から、段階的にクラウド環境に移行することができます。

Windows Server® 2008 R2

Windows Server® 2008 R2は、ハイパーバイザー型のサーバ仮想化テクノロジであるHyper-V2.0をOSの標準機能として搭載。また、アプリケーションのプレゼンテーション層を仮想化するリモートデスクトップサービスによって、既存ITインフラの運用効率を向上し、アプリケーションの展開と管理に必要なコストを削減します。