ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

Windows Server 2019

Windows Server 2019 は、最新のハードウェアおよびソフトウェアと連携して、データ分析の向上やセキュリティの強化などのビジネス上の直接的なメリット、およびクラウドへの柔軟な移行を可能にします。

Windows Server 2019 は、Windows Server 2016をベースとして、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の4つのテーマに沿って機能強化が図られています。

独自のハイブリッドデータセンタープラットフォーム

オンプレミスとクラウドの両方で動作する効率的なハイブリッド機能を提供します。

強化されたセキュリティ機能

オペレーティング システムを初めとして、ビジネスのあらゆるレベルでデータとアプリを保護します。

アプリケーションのイノベーションの迅速化

既存のアプリケーションを最新化し、次のレベルのクラウドネイティブ アプリを提供します。

かつてない HCI

スケーラビリティを向上させると同時にコンピューティングとストレージのニーズを満たすHCIを通して、アプリケーションとワークロードをより低価格のメンテナンス コストで、迅速かつ安全に実行できます。

日立では、Windows Server 2019 Standard、Windows Server 2019 Datacenterをプレインストールまたはバンドルしたモデルを、日立アドバンストサーバHA8000Vシリーズとの組み合わせで提供しています。

Windows Server 2016

Windows Server 2016はビジネスを最大限に支援します。最大の可能性を発揮し、安全性や回復力、パフォーマンスを維持しながら運営できるようにビジネスを助けるクラウドサービス連携を考慮し設計されています。
日立では、Windows Server 2016 Datacenter、Windows Server 2016 Standardを搭載したモデルを提供しています。