ページの本文へ

Hitachi

指静脈認証ソリューション

指静脈認証管理システム05-02および05-03のWindows® 10 Fall Creators Update (Version 1709) 対応について

更新日:2018年2月6日

平素より格段のご配慮賜り深謝申し上げます。
表記の件、指静脈認証管理システム 05-02 および 05-03 において、Windows® 10 Fall Creators Update (Version 1709)(2017/10/17公開) での動作確認が完了いたしました。
後述の制限事項を除いて通常通りご利用いただけますので、ご報告申し上げます。

対象製品

指静脈認証管理システム 05-02
指静脈認証管理システム 05-03

事象

指静脈認証管理システム 05-02 では下記の事象(1)(2)(3)が発生します。
指静脈認証管理システム 05-03 では下記の事象(2)(3)が発生します。

事象(1)

指静脈認証管理システムによるサインイン画面が表示されず、通常のIDとパスワードによるサインイン画面が表示される。

事象(2)

Windows セキュリティ画面に対してパスワード代替入力が実施できない。

事象(3)

シャットダウンを実行すると下記メッセージが表示され、毎回 [強制的にシャットダウン] ボタンをクリックしないとシャットダウンできない。(再起動時も同様)

1つのアプリを閉じて、シャットダウンします。
戻って作業を保存するには、[キャンセル] をクリックして、必要な操作を行います。

PkHookStarter      
このアプリがシャットダウンを妨げています。

[強制的にシャットダウン] [キャンセル]


[事象(1)について]

<発生条件>

指静脈認証管理システムの Windows ログオン連携機能をインストール済みのPCに、Windows® 10 Fall Creators Update (Version 1709) をインストールする。

<回避方法>

Windows® 10 Fall Creators Update (Version 1709) をインストールする前に、指静脈認証管理システムクライアントをアンインストールし、Windows 10 Fall Creators Update (Version 1709) のインストール後に、再度、指静脈認証管理システムクライアントをインストールしてください。

<回復方法>

Windows の管理者ユーザーの ID とパスワードを使用して、Windows にサインインした後、指静脈認証管理システムクライアントをアンインストールし、再度新規インストールしてください。
もしくは、レジストリの設定を変更することでも回復可能です。
レジストリ設定が必要なお客様は 弊社担当営業までお問い合わせください。

[事象(2)について]

<発生条件>

指静脈認証管理システムのパスワード代替入力連携機能をインストールし、パスワード代替入力先アプリケーションとして、Windows セキュリティ画面を登録している。

<回避方法>

指静脈認証管理システム単体での回避方法はありません。
別製品との組み合わせにより回避できる場合があります。
詳細につきましては弊社担当営業まで お問い合わせください。

<回復方法>

回復方法はありません。

[事象(3)について]

<発生条件>

  • 64ビット版の Windows® 10 を利用している。
  • パスワード代替入力連携機能をインストールしている。

<回避方法>

回避方法はありません。

<回復方法>

回復方法はありません。

<一時的回避方法>

パスワード代替入力連携機能をアンインストールする。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは弊社担当営業までお問い合わせください。