ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

徹底解説!一歩先のストレージ管理

突発的なI/Oの増加に即座に対応するストレージ階層管理

国府津さんの会社はWebサイトで様々な商品を販売しています。最近、ある商品への注文が殺到し、一時的にWebサイト全体のレスポンス性能が低下しました。国府津さんは、突発的に増えたI/Oをストレージ側で処理できなかったことを突き止め、対策を検討しています。

人気女優がSNSで紹介したら注文が殺到するよな…でも今回みたいな大量アクセスが来てもレスポンスの性能を低下させない方法がないか調べてみよう

国府津さん

高性能なストレージシステムと言えば、オールフラッシュアレイだ

日立は、高性能なオールフラッシュアレイを提供しているようだな

Hitachi Unified Storage 100シリーズ
Hitachi Unified Storage 100シリーズ

Hitachi Unified Storage VM
Hitachi Unified Storage VM

Hitachi Virtual Storage Platform ミッドレンジファミリー
Hitachi Virtual Storage Platform ミッドレンジファミリー

Hitachi Accelerated Flash DC2

大量のデータを扱うためには、高価なフラッシュドライブがたくさん必要になる分、コストがかかるけど

日立独自のフラッシュドライブ Hitachi Accelerated Flash DC2 (HAF DC2)なら、データを圧縮して仮想的に容量を拡張してくれるようだ

国府津さん

ただうちの場合、アクセス数が増えるのは限られた時間だから、オールフラッシュアレイを導入するのはまだ早いかもしれない

既存のHDDを活用しつつ、突発的なアクセスの増加にも対応できるソリューションがあれば嬉しいのだけど…