ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

設計の“勘”を定量化し、設計者が設計変更と強度計算を繰り返し行えます。

SOLIDWORKSデータをそのまま構造解析に利用できます。

解析を行うための特別なモデリングは必要ありません。解析の準備工数を最小限に抑えます。

SOLIDWORKS Simulation製品は、SOLIDWORKSに統合しており、SOLIDWORKSと同じウィンドウ内で解析を実行できる設計検証 CAEツールです。 設計者は、設計変更後に検証をすばやく何度も行うことができるため、製品品質の作り込みに利用できます。

画像:SOLIDWORKSとSOLIDWORKS Simulationの切り替え
SOLIDWORKSとSOLIDWORKS Simulationの切り替え

設計者のための解析ツールです。

SOLIDWORKS Simulation製品は、設計者が手軽に設計検証を行えるように設計された解析ツールです。

使いやすく、直感的な操作で解析を行えるように設計されているため、習得期間の工数を最小限にとどめることができます。 解析に必要な情報を質問形式で収集するSimulationアドバイザ機能は、解析準備作業を支援します。

画像:Simulationアドバイザ機能
Simulationアドバイザ機能

フロントローディングによる品質作り込みができます。

SOLIDWORKS Simulation製品を使うことにより、設計者自身が設計初期段階で設計しながら検証を行えます。設計初期段階で、設計検証ツールによる製品品質作り込みを行うことにより、製造準備、製造工程で発生するさまざまな問題の件数を抑えることができます。
フロントローディングは、設計の後工程での設計変更が及ぼす影響を最小限にとどめ、度重なる設計変更の回数やコストを抑えます。

設計検証により3次元CADの導入効果がさらに向上します。

3次元CADの導入効果は、設計者自身が設計検証を行うことでさらに向上します。
解析の効率化と単純な設計ミスや不要な設計変更には強い関連性があります。製品品質の向上、設計期間の短縮、コスト削減のためには、設計検証が非常に重要です。

関連リンク

お問い合わせ:HCAセンター(Hitachi カスタマ・アンサ・センター)

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す