ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

SOLIDWORKS CAMはスマートで細部まで統合されたCAMツールです。

特長

SOLIDWORKS CAMの優れている点

SOLIDWORKS設計ツールに接続
スマートで細部まで統合されたSOLIDWORKS CAMは、3D CADモデルの情報を活用することで、チームが豊富な情報からより良い判断を簡潔に下せるように支援します。

画像:SOLIDWORKS CAM

公差に基づく加工を活用
SOLIDWORKSモデルベース定義(MBD)を使用することで、公差仕様に基づいて加工方法を自動的に調整できます。

画像:OLIDWORKSモデルベース定義(MBD)

プロセスを容易に標準化
SOLIDWORKS CAMは、動作のセットアップ、ツールの選択、速度や送りの設定など、他のCAMソフトウェアと同じように使用できますが、真のメリットはSOLIDWORKS CAMを自動モード(「ルールベース加工」とも呼ばれます)で実行できる点にあります。

「ルールベース加工」による新たな自動化

ルールベース加工とは、システムに組み込まれた製造コンサルタントがチームのために判断を支援してくれるような仕組みです。このテクノロジーを導入することで、製造会社/部門は設計から製造に至るプロセス全体を自動化できるので、まさに革新的と言えます。さらに、カスタム部品を自動的に設計してプログラミングできるようになるので、新たな「受注生産」の可能性も広がります。これまで、エンジニアリングとCAMプログラミングに数時間かかっていたものを、わずか数秒で自動的に設計、プログラミングできるようになります。

関連リンク

お問い合わせ:HCAセンター(Hitachi カスタマ・アンサ・センター)

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す