ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

リアルタイムマルチタスクOS「CPMS」(CMU[拡張CPU]に標準搭載)

複数のタスク起動方法があり、割り込み処理にも対応します。ラダー図からPコイルを用い、C言語のタスクを起動することも可能です。

マルチタスク動作

解説図

タイムチャート(例)

解説図