ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

情報系からフィールドネットワークまで幅広くサポート・・・(通信機能)

情報系・制御系・フィールドネットワークのサポート状況解説図

その他の通信機能

  • 標準リモートI/O
  • RS-232C(無手順/H-7338切換)
  • RS-422(無手順/H-7338切換、割り込み機能付)
  • IR.LINK(割込み機能付リモートI/O)
  • SV.LINK(イーサネットベース専用プロトコル高速I/O通信)

CPU仕様

モデル LPU CMU
型式 LQP510 LQP520/LQP525
入出力点数 標準リモートI/O 最大2,048点
J.NET使用時 8,192点
プログラム言語 ラダー図 HI-FLOW、C言語
ラダー処理プロセッサ 専用LSI
コンピューター処理プロセッサ SH4(32bit、160MHz)
浮動小数点演算
プログラム容量 ラダー図用 100kステップ
HI-FLOW、C言語用 20Mバイト *2
レジスタ容量 ビットエリア 115kビット
ワードエリア 152kワード
処理速度 ラダー図基本命令 15ns/ステップ *1
ラダー図応用命令 45ns/命令 *1
コンピューター処理用 平均50ns/命令
RUN中書き換え機能 有り(ラダー) 有り(HI-FLOW)
時計機能 有り
リモートI/Oインタフェース 2ポート内蔵(1,024点/ポート)
プログラミングツールインタフェース RS-232C(115.2kbps) イーサネット(100/10Mbps)
*1
パイプライン処理時のピーク性能。
*2
HI-FLOW用=4MB、C言語用=16MB。

外形寸法

外形図(4スロットマウントベース実装例)

  4スロット 8スロット
W 301 437
H 139
D 119