ページの本文へ

Hitachi

加工組立系製造管理システム「FactRiSM」

ファクトリズム

FactRiSM

加工組立系製造管理システム

経営/製造現場のデータをシームレスにつなぎ、製造効率や全体最適化をサポート、
工場のスマート化に貢献します。

経営/製造現場のデータをシームレスにつなぎ、
製造効率や全体最適化をサポート、
工場のスマート化に貢献します。

製造現場の3つの課題

  • ヒトに依存

    • 急な計画修正が発生した際、熟練者がいないとうまく対応できない
    • ルーティン作業はシステム化して、ヒトは付加価値作業にまわしたい
  • カイゼン・スピード

    • 製造工程全体の状況把握、トラブル発生時の原因特定など時間がかかってしまう
    • ロスコストが発生しているのは把握できているが、どこに起因しているのかわからない
  • 現場の把握

    • 製造指図に対して予定通り作業が進捗しているか、担当者に聞かないと把握できない
    • 現場の在庫が把握できず、欠品、余剰在庫が生じたり、棚卸差異がなくならない

FactRiSMが提案する
工場のスマート化

  • 日立のMES*ノウハウを元に加工組立系製造に特化した
    データモデルを提供

    • 実績データとリアルな運用の“差”を埋め、現場の“今”を表出化
    • 製造や品質、作業者の情報をひも付け、利活用性を促進
    • 現場情報を整理しておくことで自由に情報を共有し、活用可能
    • *MES : 製造実行システム(Manufacturing Execution System)
  • 個別業務改善に特化した加工組立業界を全体最適化

    • 在庫の確認・探索、前工程の状況をリアルタイムで把握
    • 改善施策による他工程への影響や効果を事前に確認可能
  • モノづくりを加速させる生産スケジュール再作成機能を搭載

    • MES領域でタイムリーな生産リスケジューリングを実施
    • きめ細かく生産状況を把握し、次工程への作業手配を迅速化

「FactRiSM」は日立製作所の登録商標です。

ページの先頭へ