Hitachi

水を利用するしくみ|上水道のひみつ

もどる

水はどこにためてあるの?

昔は水道がなかったので、雨水やわき水、井戸(いど)の水をくんで家の「かめ」にためて生活していたんだ。

今、みんなが蛇口(じゃぐち)をひねると水道から出てくる水は、一体どこにためてあるんだろう?

今、みんなが蛇口(じゃぐち)をひねると水道から出てくる水は、一体どこにためてあるんだろう?

「ダム」という大きな池

水は、川の上流をせき止めて作った「ダム」という人工の大きな池にためてあるんだ。

ちなみに、水をためることを「貯水(ちょすい)」というんだよ。

クイズ:ダムにためられる水の量は?

神奈川県(かながわけん)にある相模(さがみ)ダムは、どれくらいの水を貯水(ちょすい)できるのかな?

正しいと思う番号を押してね。

川の水が足りないときの工夫(くふう)

雨が少ない夏になると川に流れる水の(りょう)()ってしまうこともあるよね。

そんなときは、ダムに貯水(ちょすい)しておいた水を川に多めに流しておぎなってあげるんだ。

反対に、台風のときなど、雨がたくさん()ってしまったときは、ダムで水をせき止めて洪水(こうずい)にならないようにしているんだ。

24時間水を見守っているよ。

みんなの生活を守るために、ダムは一定の(りょう)の水を川に流す役割(やくわり)をはたしているんだね。
日立では、ダムの管理(かんり)システムや洪水(こうずい)をシミュレーションするシステムなどをつくり、ダムや川の安全をしっかり(ささ)えているんだ。

ダム管理(かんり)システム

もくじへもどる

水の世界トップへ