Hitachi

もどる

組立 
-部材組立-

まず、新幹線(しんかんせん)構成(こうせい)する部品をつくるよ。トイレの個室(こしつ)や運転台などを、別々(べつべつ)に組み立てていくんだ。

トイレモジュールの製作(せいさく)

運転台モジュールの製作(せいさく)

いす・(まど)・カーテン・ドア・敷物(しきもの)なども専門(せんもん)メーカーで製作(せいさく)します

-車体組立-

次に新幹線(しんかんせん)の原形となる屋根や(かべ)をつくるんだ。軽いアルミ(せい)のボディはつなぎ目がないほどきれいに組み立てられているよ。

-ぎそう作業-

床下機器(ゆかしたきき)や電気配線などの部品や内装(ないそう)パネル、仕切りなどもつけられる。これを“ぎそう”っていうんだ。

-台車組立(だいしゃくみたて)-

台車部分(だいしゃぶぶん)車輪(しゃりん)()()けられると、電車らしくなってくるよ。

-車体に台車(だいしゃ)()()ける-

車体と台車(だいしゃ)を組み合わせれば車両が完成(かんせい)新幹線(しんかんせん)ができあがったね。

検査(けんさ)試験(しけん)

さまざまな試験(しけん)できびしく品質(ひんしつ)をチェック。ちゃんと電気が通るか、雨が()った時に車内に水が浸入(しんにゅう)しないかなど、車両に不具合(ふぐあい)がないかを(たし)かめるんだ。

車両に電気を通して車両の機能(きのう)確認(かくにん)します

完成(かんせい)

ついに新幹線(しんかんせん)完成(かんせい)したね!ここから新幹線(しんかんせん)を、鉄道会社まで運んで行くよ。

輸送(ゆそう)

できあがった車両は、大きなトラックに()せて、人や車が少ない深夜に運んだり、笠戸事業所(かさどじぎょうしょ)(となり)にある港から船に()せて遠くまで運ぶんだ。電車は大きいから運ぶのも大変(たいへん)なんだよ。

大型(おおがた)クレーンでバージ(台船(だいせん))や船に()()みます

②バージ(台船(だいせん))や船で陸揚(りくあ)(こう)まで運びます

陸揚(りくあ)げした車両はトレーラで車両基地(しゃりょうきち)まで運びます

交通の世界トップへ