ページの本文へ

Hitachi

日立グループ

2020年7月31日
株式会社日立製作所

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)が参画する、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)のスロベニア共和国におけるスマートコミュニティ実証の取り組みが、このたび、世界各国で展開されるスマートグリッドに関する優れた取り組みを表彰する「ISGAN Award 2020」において、最高位である「Winner(最優秀賞)」を受賞しました。NEDOおよび日本企業の最優秀賞の獲得は、今回が初めてです。

  「ISGAN Award」は、OECD加盟国の自律的な機関として設立された国際エネルギー機関(IEA:International Energy Agency)の傘下で、スマートグリッド関連技術の発展と普及を促進することを目的に活動する公的ネットワークであるInternational Smart Grid Action Network(ISGAN)が運営しています。世界各国で実施されるスマートグリッドに関する優れた取り組みを表彰するものであり、本年で6回目の開催となります。
  今回、世界の応募案件の中から、NEDOが日立、スロベニア国営送電事業者ELES, d.o.o.と推進するスマートグリッド実証事業が、事業の功績および将来の有望性を評価され、受賞に至りました。

  NEDOと日立は、スロベニアが直面する再生可能エネルギーと電力需要の増加による停電や過負荷、予備力の確保といったさまざまな電力系統における課題解決に向けて、ELES, d.o.o.や配電会社、現地企業と共同で、スマートコミュニティ実証事業を推進してきました。
  2016年から2019年にかけての第1フェーズにおいては、スロベニアの配電会社の実配電系統において、初期投資および保守費用を抑えたクラウド型の統合配電管理システム(統合DMS*1)を構築し、適正電圧の維持や停電時間の短縮、電力需要のピーク抑制などに向けた実証を行い、その有効性を確認しました。
  また、現在は、実証テーマを拡充し、2018年から2021年までの3年間の予定で、クラウド型エネルギー管理システム(AEMS*2)を構築し、実証を進めています。本システムは、工場やビル、家庭などの需要家側に設置した蓄電池などの分散エネルギーリソースを活用して、系統事故時の停電回避や電力品質の確保といった高度なエネルギー管理を実現するものです。本事業は、スロベニア政府において、ナショナル・プロジェクトと位置付けられ、スロベニア国内の複数地域にまたがり展開されています。

  日立は、本実証を通じ、日本の系統安定化技術のノウハウ・実績や先進のITを活用して、スロベニアにおける高度なエネルギー管理システムの確立に向けた取り組みに貢献します。

*1
DMS(Distribution Management System):配電系統の制御システム
*2
AEMS(Advanced Energy Management System):大口需要家、電力小売事業者向けのエネルギー管理システム

関連情報